暑い夏、水分補給はしっかりと

 

夏になると熱中症の話題があちこちで聞かれます。熱中症は、屋外だけでなるものではなく、室内でもかかってしまうことがあるのでしっかりと対策をとらなくてはなりません。

 

ダイエット中に夏に飲むべきドリンクはいったい何が良いのでしょうか。

 

今回は、ダイエット中に効果的な飲み物についてご紹介したいと思います。

 

 

飲み物も食べ物以上に注意をすることが大切

 

食べ物のカロリーや糖質について気にしている方は多いと思いますが、飲み物のカロリーや糖質を気にせずに飲んでいる方も多いのではないでしょうか。飲み物の中には、思っている以上にカロリーが高かったり、糖質がたっぷり入っているものもあるので気をつけましょう。

 

飲み物は、選び方次第でダイエットに役立つものもありますのでダイエット期間中は上手くその機能を取り入れてみましょう。

 

 

 

炭酸水は満腹感を得られるだけでなく、便秘改善効果も

 

炭酸水は、飲むことで満腹感を得やすい飲み物です。食事前に炭酸水を飲むことで食事量を減らせる効果が期待できます。炭酸水は、冷えた状態で飲むとかえって食欲を増進してしまうこともありますので食事量を減らす目的として炭酸水を飲むならば、常温で飲むようにしてください。

 

便秘解消目的で炭酸水を飲むならば、起床時に冷えた状態で飲んでください。炭酸ガスが胃腸を刺激することで腸のぜん動運動が活発になります。

 

炭酸水に含まれている二酸化炭素は、体内を酸素不足にします。そのことに身体が反応して酸素をしっかりと送り出すようになり血管が拡張して血流が良くなるという作用があります。炭酸水を飲むことで代謝アップ効果も期待できます。

 

 

プーアル茶は、ダイエット効果だけでなく、健康効果も期待できる

 

中国茶の一種であるプーアル茶は、脂肪吸収を抑える働きがあるためダイエット中におすすめの飲み物です。「後発酵」と呼ばれる2度の発酵させて作られるプーアル茶は、体への負担が少ないお茶と言われています。

 

プーアル茶には、中性脂肪を消化する酵素で、脂肪分解酵素とも呼ばれているりパーゼを増やす働きがあります。また、プーアル茶にはポリフェノールやカテキンがたっぷりと含まれているため、強い抗酸化作用でアンチエイジング対策が期待できます。

 

飲むだけでなく、プーアル茶でうがいするだけでもカテキンの殺菌作用がありますのでウイルスや細菌対策にも効果的です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

暑い夏に水分は欠かせません。ダイエット中であっても熱中症対策のためにもしっかりと水分をとるようにしましょう。せっかく水分を体に入れるのならば、少しでもダイエットに効果的なものを選んでみるようにしてはいかがでしょうか。