チョコレートはダイエットに効果的な食品ということを聞いたことはありませんか

 

甘くてちょっぴりほろ苦く魅力的なチョコレート、以前はダイエットの敵だと考えられていましたが、近年ではダイエットに効果があるという話を聞くことがあります。

チョコレートでダイエットできるならば、こんなにうれしいことはないと感じられる方も多いのではないでしょうか。今回は、チョコレートとダイエットの関係についてご紹介したいと思います。

 

 

 

チョコレートとは

 

チョコレートは、紀元前1500年頃からメキシコ湾岸沿いでカカオが利用されたことが始まりと考えられています。その後スペインに持ち込まれ、スペイン宮廷の人々を魅了し、フランスへと伝わっていったと言われています。

初めは飲み物として楽しまれていたのですが、19世紀半ばごろから食べるチョコレートが発明されて現在のチョコレートが生まれました。

チョコレートは、カカオマス、ココアバター、砂糖、ミルクなどを原料として作られています。

 

 

なぜ、チョコレートはダイエットに効果と言われるのか

 

砂糖や、ミルクなどダイエットに良くないものが入っているのに、なぜチョコレートはダイエットに効果があると言われるのでしょうか。

 

 

ポリフェノールの含有量が多い

 

チョコレートの主原料であるカカオには、ポリフェノールがたっぷりと含まれています。その含有量は、赤ワインよりも高いと言うのですから驚きです。

ポリフェノールは、脂肪を燃焼させる効果があり、また血液をサラサラにしてくれるので血流を良くし代謝を促進させてくれます。

血流が良くなることで、これからの季節にはうれしい冷えを改善する効果も期待できます。

 

 

 

食物繊維が多い

 

チョコレートの成分であるカカオマスは、その成分の約17%が食物繊維という驚異的な食品です。そのため、便秘予防やコレステロール値を下げたり、食べ過ぎを防ぐなどのダイエットをしている人たちにとってうれしい効果がたくさんあります。

 

 

 

ダイエット中のチョコレートの食べ方とは

 

さまざまなダイエット効果があるチョコレートですが、ダイエット中に無制限にチョコレートを食べても良いのかというとそうではもちろんありません。

市販品のチョコレートには、かなり砂糖を加えて甘く作られているものがあるので無制限に食べていれば太ってしまいます。

1日に食べる量は50gを目安にするようにしてください。また、カカオマスのダイエット効果が高いので、高カカオのチョコレートを選ぶようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

チョコレートはダイエットに効果があると言われますが、決してたくさん食べればやせるというようなことではないので注意してください。

ダイエット中でもどうしても甘いものがやめられないという方に、チョコレートをおすすめします。ダイエットにストレスは大敵です。甘いものを我慢してストレスを抱えてしまう対策として、チョコレートを利用すると良いでしょう。