干し芋は、ダイエットに良い?驚きの干し芋効果

 

干し芋をご存知ですか?干し芋とは、サツマイモを蒸した後に乾燥させて作られており、自然な甘さが魅力の昔ながらの保存食です。

 

サツマイモから作られているため炭水化物がたっぷりと含まれています。そんな干し芋ですが、ダイエットに良い食べ物だというのですから驚きですね。今回は、干し芋についてご紹介したいと思います。

 

干し芋とは

 

干し芋は、江戸時代に現在の御前崎市で作り方が確立され、その後保存食として全国に広がりました。日露戦争のころには、戦時食として重宝され、「軍人いも」と呼ばれていました。

 

現在では、茨城県が干し芋の産地として有名です。サツマイモを蒸した後に、1㎝ほどの厚みに切って干したものや、そのまま丸干しにしたものなどがあります。

 

干し芋のカロリー、栄養

 

干し芋のカロリーは、100g当たり約300キロカロリーあります。生のサツマイモは、100g当たり約130キロカロリー、ご飯100g当たりのカロリーは約170キロカロリーですから、かなり高いと感じると思います。

 

栄養成分としては、炭水化物の他にビタミンE,C,B1、鉄分、カリウム、食物繊維などがたっぷりと含まれています。

 

カロリーが高く、炭水化物がたっぷりと含まれている干し芋なのに、なぜダイエットに良いのか

 

カロリーが比較的高く、糖質である炭水化物がたっぷりと含まれているのに、なぜ干し芋はダイエットに向いている食品なのでしょうか。

 

GI値をご存知ですか。GI値とは、その食品を摂取した後に、血液中に流れ込む糖の多さをあらわす血糖値の上がりやすさを表した値です。GI値が高い食品は、食べるとすぐに血糖値が上がり脂肪がつきやすく太りやすいと考えられています。

 

干し芋は、カロリーこそ高いですが、このGI値が55で、かなり低い食品となります。そのため、ダイエットに向いている食品と言えます。ちなみに白米は、GI値が88、食パンは95、玄米は55、蕎麦は54なので、干し芋と比べてみると良いでしょう。

 

しかも、干し芋には食物繊維やカリウムがたっぷりと含まれているので、甘くて美味しいのにもかかわらず便秘やむくみの解消に効果的と言われています。

 

干し芋ダイエットの注意点

 

栄養満点で甘くて美味しい干し芋ですが、カロリーも高いので食べ過ぎには注意するようにしてください。ダイエット中のおやつとして食べることをおすすめします。噛み応えがありますので、顔の筋肉をしっかりと動かすことにもなり、フェイスラインをすっきりさせる効果も期待できます。

 

食べ過ぎを防ぐために、食べる分だけを小皿に出して食べるようにすると良いでしょう。

 

 

まとめ

 
いかがでしたか。

 

昔から親しまれてきた干し芋ですが、上手く使うことでダイエットにも効果がある食品です。美味しく食べて効果的にダイエットしてください。ただし美味しいからといって、食べ過ぎにはくれぐれも注意してくださいね。