玉ねぎはお財布にも優しく体にもうれしいダイエットに向きの食材です

 

少し前に玉ねぎを食べると血液がサラサラになると話題になったことがありました。玉ねぎは、血液をサラサラにする効果だけでなく、ダイエットにも向いている食品だということをご存知ですか。また、玉ねぎはどこのスーパーにも置いてある野菜で値段も安く調理法もたくさんあるといううれしい食材です。

 
今回は玉ねぎのダイエット効果や栄養価を活かす方法についてご紹介していきます。

 

 

玉ねぎとは

 
原産地は中央アジアと言われ、古代エジプトの時代にはも食べられていたという玉ねぎは、人類とかなり長いお付き合いのある野菜です。日本に入ってきたのは割と最近で明治時代にアメリカから伝わったと言われています。
 

よく見られる黄玉ねぎの他にも白玉ねぎや赤玉ねぎがあり、ミニサイズのものもあります。玉ねぎの旬は、新玉ねぎとして味わう3月~5月と、乾燥させて出荷される9月以降の年に2回あります。

 

 

玉ねぎの栄養成分

 

玉ねぎには低カロリーな野菜ですが、ダイエット効果のある栄養素が豊富に含まれています。

 

硫化アリル

玉ねぎを切ると涙が出ますが、その涙を出させる成分は硫化アリルと呼ばれる物質です。これは血液の固まりを溶かすと言われており、血液をサラサラにする効果があります。そのため新陳代謝を促進し、老廃物の排出や脂肪の燃焼効果が期待できます。

 

 

カリウム

ナトリウムと共に血圧や細胞間の浸透圧を調節する働きのあるミネラルです。血圧が高くなることを防いだり、むくみを解消する働きがあることで知られています。むくみに悩んでいる方に、特におすすめする成分です。

 

 

ケルセチン

皮に多く含まれている成分で、抗酸化作用や抗炎症作用があるポリフェノールの一種です。内臓脂肪を燃焼させる働きがあると言われています。最近では、特定保健用食品のお茶にも配合されて話題になっています。

 

 

玉ねぎダイエットのやり方

 

玉ねぎは低カロリーなので、あまりカロリーを心配する必要はありません。1日50gまでを目安に毎日食べるようにしましょう。生のままサラダに入れても良いですし、野菜炒めにしたり、味噌汁やスープの具にすることもできます。

 

サラダや炒め物にする時にオリーブオイルと一緒に食べるようにすると、ケルセチン効果がより高まるのでオリーブオイルとセットで食べるようにしてください。

 

 

まとめ

 

特にむずかしいことなどなにもない玉ねぎダイエットですが、食べ過ぎには注意するようにしましょう。玉ねぎの硫化アリルは、口臭や体臭の原因になることがあります。

 

季節を通して手に入れやすく価格も手頃な玉ねぎ。毎日の食事に上手く取り入れてみてはいかがでしょうか。