ダイエットにも大切な水、硬水と軟水、どちらを選ぶべき?

 

水には、硬水と軟水で分けられることは良く知られていますが、ダイエット中に飲むべき水はどちらが良いのかご存知ですか。

 

ダイエット中に体に入れるものは、普段よりも気になりますよね。特に人間の体は60%が水分だと言われています。摂取する水について考えることは大切なことではないでしょうか。

 

 

硬水と軟水、どうやって分けられているの

 

水を硬水と軟水に分類しているのは、水に含まれているカルシウムやマグネシウムといったミネラルの含有量です。

 

しかし、全世界で統一されている基準ではなく、国によって硬水と軟水の基準も違っているようです。

 

ちなみに日本では、1リットル当たりにつき100㎎未満であれば軟水、100㎎以上であれば硬水と分類されています。WHO(世界保健機関)では、1リットル当たりにつき60㎎未満であれば軟水、120㎎以上のものを硬水と定義しています。

 

日本で使われている水道水のほとんどが軟水であるのに対して、ヨーロッパ地域のほとんどでは硬水が一般的だと言われています。

 

 

硬水の特徴

 

ミネラルの含有量が多いことが一番の特徴です。日本のお水のほとんどは軟水なので、飲みなれていないと初めはちょっとした違和感を感じるかもしれません。

 

ミネラルは、体の機能を調節する働きがあるので基礎代謝量のアップが期待できます。その中のカルシウムは、体脂肪を落としてくれる効果があると言われています。また、マグネシウムは胃腸の働きを活発にさせ、便秘に効果があるのでダイエット中の方におすすめです。

 

 

軟水の特徴

 

ミネラル分が少ないので胃腸への負担が少なく、飲みやすいお水です。また、硬水に比べると体に吸収されやすいので効果的に水分補給をすることができます。

 

軟水は、基本的に無味無臭なので繊細な味のお料理や緑茶を入れる時に適しています。肌や髪に優しいのも軟水と言われています。

 

 

ダイエットに向いているのは

 

日本人が飲みなれているせいもありますが、美味しいと感じるのは軟水の方ではないでしょうか。ただ、ダイエットという点においては、硬水の方が向いていると言えるでしょう。

 

ダイエットのために効果的なミネラルをお水から摂取することができますし、ダイエットには大敵の便秘解消効果があるためです。

 

ただ体に合っていない人が飲んでしまうと体調を崩してしまうことがあるので気をつけてください。胃腸への働きかけが強すぎて下痢になってしまうと最悪脱水症状を招いてしまいます。最初から硬水をゴクゴクと大量に飲むようなことはせず、体調と相談しながら飲む量を増やしていくと良いでしょう。

 

 

まとめ

 

硬水と軟水、それぞれメリット、デメリットがあります。

 

どちらかだけでなく、それぞれの特徴にあわせた使い分けをしていくのが良いのではないでしょうか。