緑茶には、ダイエットにうれしい効果がいっぱい

 

普段何気なしに飲んでいる緑茶ですが、ダイエットにとても効果があることを知っていますか。近年では、いろいろな飲み物が出回っているため、日本人でも昔ほど飲まなくなってしまいました。

 

しかし、ダイエットをしている人にとっては、見逃すには惜しい素晴らしいダイエット効果を緑茶は持っています。今回は、緑茶のダイエット効果についてご紹介したいと思います。

 

 

緑茶に含まれる「カテキン」には空腹感を抑える作用がある?

 

まずは、緑茶が持っている食欲抑制効果をご紹介しましょう。

 

緑茶には、「カテキン」と呼ばれるポリフェノールの一種である成分がたっぷりと含まれています。カテキンには殺菌作用や免疫力をアップさせるなどの健康作用が知られていますが、血糖値を安定させる作用があります。

 

人間の空腹感は、血糖値が変動することで感じます。そのため、緑茶を飲むことによって血糖値の変動が治まると食欲が自然と落ち着くのです。

 

ダイエット中に食欲がどうしてもおさまらない時に、温かい緑茶を一杯飲んでみてください。

 

 

脂肪の燃焼を活発にする

 

カテキンには、空腹感を抑える作用の他に、脂肪の燃焼を活発にしてくれる作用があります。カテキンを定期的に摂取することで脂肪の燃焼量が増加しエネルギーとして使われやすくなります。

 

しかも、うれしいことに緑茶のカテキンは、食事の際の脂肪だけでなく、身体についてしまった脂肪にも効果があるのでうれしいですね。

 

 

緑茶はノンカロリー

 

緑茶を丁寧に入れると独特の甘みを感じますが、これはもちろん糖質とは違い、テアニンと呼ばれているアミノ酸の一種のものです。

 

緑茶を飲みなれていない外国人の方などは、緑茶に砂糖を入れるといったことも見うけられますが、そのままの緑茶は、カロリーがゼロ。いつもジュースや炭酸飲料など飲んでいる方が、普段の飲み物を緑茶に変えるだけでもかなりカロリーを抑えることができます。

 

 

緑茶に含まれているカフェインにもダイエット効果が

 

コーヒーに多く含まれていることで知られているカフェインですが、緑茶にも含まれています。カフェインを摂取することで、糖質をエネルギーとして使う代わりに脂肪を多く使う効果があると言われています。

 

ダイエットのために、エクササイズを行う時には、その前に緑茶を飲んでおくと良いでしょう。

 

 

ダイエットに効果的な緑茶の飲み方は

 

ダイエットに効果的なカテキンをしっかり緑茶から取り出すには、緑茶を80度以上のお湯で入れるとよいと考えられています。冷たい飲み物の方が良い方には、一度、80度以上のお湯でいれた緑茶ならば、カテキンがたっぷりと含まれているので、その緑茶を冷やして飲むようにしてください。

 

 

市販のペットボトルに入った緑茶よりも急須でいれた緑茶の方が、カテキンの抽出量が5.5倍程あると言われていますので、できるだけ急須でいれた緑茶を飲んだ方がダイエットには効果的です。

 

緑茶を飲むことで食欲を無理なく抑制したり、脂肪を効果的に燃焼してくれ、しかも健康にも良いなどうれしい作用がたっぷりの緑茶。手軽に続けられるのもうれしいですね。