菊芋をご存知ですか?

 

あまりスーパーや八百屋で目にする機会がない菊芋。そのためよく知られているとは言えませんが、この菊芋には驚くべきパワーがあるのです。

 

菊芋とは、北アメリカ原産の植物で日本には家畜用の飼料として輸入されたという歴史があります。とても繁殖力が強く、環境省からは注意しなくてはならない外来生物として指定されている程です。

 

芋と言う名前がついていますが、芋の一種ではなく、レタスやフキ、ゴボウと同じキク科の植物になります。山形県庄内地方では味噌漬けとして、岐阜県恵那では、漬物として食べられている郷土料理が有名です。

 

この菊芋には、天然のインスリンと呼ばれている「イヌリン」という成分がたっぷりと含まれています。

イヌリンはダイエット効果が高い天然の多糖類

 
 
イヌリンとは、菊芋、チコリ、ゴボウなどの根や地下茎に蓄えられる天然の多糖類です。菊芋は特にイヌリンが多く含まれており、成分の約6割がイヌリンで占められています。

 

イヌリンは、人間には消化吸収ができない性質を持っている糖質でブドウ糖の育成を抑制してくれます。そのため、血糖値の上昇を抑える効果を期待することができます。

 

また、イヌリンは人間の腸内では分解され、オリゴ糖となります。そのオリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境の改善に役立ち、便秘予防となります。

 

イヌリンは、体の中でゲル状となる水溶性食物繊維なので、余分な糖質やコレステロールを包み込んでくれるデトックス作用もあります。塩分も包み込んで吸収しにくくさせるのでガンや高血圧といった生活習慣病の予防にも効果があると考えられています。

 

 

菊芋はどのようにして食べたら良い?

 

ダイエットに大きな効果があると言われている菊芋ですが、どのようにして食べたら良いのでしょうか?

 

菊芋は、クセがない野菜なので気になる部分を取り除くだけでそのまま食べることもできます。シャキシャキとした食感で、薄く皮をむいた菊芋をサラダやあえ物などに加えて食べると美味しいです。

 

また、ジャガイモと同じように、皮をむいて煮物にしたり、みそ汁の具、丸ごとオーブンで焼いバーターを焼いてつけて楽しむこともできます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?ダイエットや健康に大きな効果がある菊芋。クセがないのでいろいろなお料理に使えそうですね。

 
ただし、気をつけていただきたいことがあります。菊芋にはセレンと呼ばれる物質も多く含まれているのです。このセレンという物質は、過剰に摂取すると中毒を起こす可能性がある物質です。抗酸化作用がある反面、摂取しすぎると胃腸障害や脱毛症といった中毒症状を起こす可能性がありますので摂取量には十分注意してください。セレンを800マイクログラム以上摂取すると中毒症状を起こすことがあると考えられています。