痩せるまではファッションやメイクを活用しよう

ダイエットのもどかしい点は、努力の成果がすぐに表れないことです。いくら努力しても結果が出るのは1~3ヵ月後で、なかでも顔の脂肪はなかなか落ちてくれませえん。

いくら頑張っても結果がすぐに出なければモチベーションも下がってしまいます。

モチベーションを保つためにも、ダイエット中は食事制限や運動だけではなく、ファッションやメイクも取り入れましょう。見た目が痩せて見えると、気持ちが自然と明るくなります。今回は小顔に見えるメイクのコツをご紹介します。

 

小顔のポイント①陰影メイク

小顔に見せるために、色違いのファンデーションを使うシェービングを活用しましょう。

小顔の人と丸顔の人の違いは輪郭です。丸顔の人は、全体的に脂肪がついてしまっているため、輪郭も丸いです。逆に小顔の人は、脂肪も少ないため、顔が骨ばって見えます。

輪郭が違うと見た目にどんな変化があるのかというと、影の付き方が変わります。輪郭が丸いボールなどは影の境目がぼんやりとしていますが、四角形の棚や机などは影の輪郭もはっきりとしています。

丸顔の人は影がはっきりしていないため、シェービングで人工的な影を作りましょう。

そのためにはいつも使っているファンデーションよりも2トーンほど暗いファンデーションを用意します。こめかみや頬の外側に影を作ってください。自然の影に見えるように、「ぼかし」部分は得意丁寧にメイクしましょう。

実際に小顔の人の写真見ながら、小顔に近づけるように影をつけると、肌のトーンの作り方が分かります。

 

小顔のポイント②ハイライト

小顔の人と丸顔の人は、光の反射の仕方も違います。小顔の人の顔は骨ばっているため、光の反射もはっきりとしています。対して丸顔の人は顔の輪郭があいまいのため、光の反射もあいまいです。

丸顔の人は小顔の人を参考にしながら、鼻筋と顎、そして眼のふちの外側にハイライトを加えてみましょう。

 

自分がなりたい顔と自顔の違いを知れば小顔に近づける

骨格によってその人に合うメイクは違います。自分にあったメイクを見つけるコツは、憧れの顔と自分の顔の違いを知ることです。

メイクとは、つまり目の錯覚を利用して自分の顔を美しく見せる技術です。

骨格の違いによる影の出き方など、自分の顔にどのような色をのせれば、あこがれの顔に近づけるか工夫することでメイクの技術は格段にアップします。

メイクの研究をするさいは、スマホのカメラを活用して客観的な視点も取り入れるようにしてください。