リバウンドするたびに自己嫌悪になりませんか?

 

ダイエットに成功したと大喜びしても、あっという間にリバウンドしてしまったという経験をしたことはありませんか。

 

多くの女性がダイエットに励んでいるということは、それだけリバウンドしてしまった人が多いということです。

 

なぜリバウンドしてしまうのでしょうか?今回は、ダイエットでリバウンドしてしまう原因について考えてみたいと思います。

短期間で成果をだそうとしていませんか?

 

数日間、絶食をするなど、極端な食事療法をすることで数キロ体重を落とすことはできます。体重計に乗れば、数日間で理想の体重に近づいているかもしれません。しかし、そんな急激なダイエットが続くはずもなく、断食で飢餓状態になった体は、脂肪だけでなく筋肉までも分解してエネルギーとして使ってしまいます。そのため、かえって体脂肪率を上げてしまい、太りやすい身体になってしまいます。

 

飢餓状態になった体は、また飢餓状態になるかもしれないという危機感を持つようになり脂肪を蓄えようとするのでリバウンドでかえって太ってしまうケースも多く見られます。

 

 

理想体重になったら、安心して食べてしまう

 

ダイエットで成果が出て、理想体重になるとついつい気が緩んでしまい、食事量を元に戻してしまうことはありませんか。ダイエットの目的は理想体重を維持していくことです。理想体重になったからといってダイエットに成功したと考えるのは早急です。

 

ダイエットは、理想体重になってから、それを維持する方が難しいと言われています。リバウンドするからといってあなただけが特別に意志が弱いわけではありません。リバウンドは多くの方が経験していることです。

 

理想体重になってからが勝負だと考えましょう。急に脂肪が減ってくるとあなたの身体は、緊急事態が起こっていると考えるでしょう。緊急事態が起こると、元の状態に戻そうと身体は必死になって脂肪をため込もうとします。3カ月は頑張って理想体重を維持し、あなたの体にその状態が普通の状態であると思い込ませるまで頑張りましょう。

 

 

ストレスをため込まない

 

ストレスがあると過食になりやすいと考えられています。ダイエットは大きなストレスですが、それを上手くごまかしつつダイエットしていきましょう。1週間に一度は大好きなものを思いっきり食べるなど、適度にガス抜きをしてダイエットを長続きさせるような工夫をしてください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

リバウンドは多くの方が経験していることです。理想体重を維持していくことは、なかなか簡単なことではありません。ストレスを過剰にため込まない自分に合った長く続けられるダイエット法を見つけて、ダイエットを成功させてくださいね。