ダイエット中なのに・・・ついつい食べ過ぎてしまう日がありますよね。
しかし、ちょっと食べ過ぎたからといって「リバンウンドするかも!」と焦る必要はありません。
しっかりその後に対策をすれば、食べ過ぎをリセットして体重キープできます。

今回は、食べ過ぎをリセットする3つの方法をご紹介します。

食べ過ぎた当日に対策しなくても大丈夫!

食べ過ぎた日に体重計に乗ると、2kgくらい体重が増えていた!ということがあると思います。
しかし、それは食べたものが体内にあったり、日々の体重の変動により怒っていることなので心配いりません。

つまり、それは本当の体重ではないので鵜呑みにしないことです。

人間が食事をして、その栄養素が脂肪に変わるのは当日ではありません。
何日か後にエネルギー消費されなかった分が脂肪になるので、当日に太るということはあり得ないのです。

食べ過ぎた日から2日以内に対策を

食べ過ぎた当日に太ることは絶対にありません。

食べ過ぎた分の食べ物がエネルギーとなり、余った分が脂肪に変わるまでには48時間が必要です。

つまり、約2日間くらいは猶予があるということになります。

なので、どうしても食べ過ぎてしまった場合は、48時間以内にリセットすれば大丈夫です。

食べ過ぎをリセットする方法

食べ過ぎてから48時間以内に実践したいリセット方法を3つご紹介します。

朝に運動をする

食べ過ぎてしまった次の日は、できるだけ朝から軽い運動をしましょう。
朝の運動でその日の消費カロリーが決まります。
というのも、朝はその日の代謝を決める時間帯でもあるのですね。

朝早くに起きて運動をすると、その1日はエネルギー消費しやすい体質になるので、食べ過ぎた分をしっかりリセットできます。

半身浴をする

食べ過ぎてしまった当日か翌日に、半身浴をしてエネルギー消費しましょう。
半身浴の消費カロリーは1時間で100kcal程度ですが、ぬるめのお湯にゆっくり浸かると、体の芯まで温まりデトックス効果も期待できるので、食べたもののエネルギーが体内にたまりにくくなります。

野菜をたくさん食べる

食べ過ぎた日から2日以内にたくさんの野菜を食べましょう。
野菜に含まれる水溶性の食物繊維は、腸から食べ物の栄養やエネルギーを吸収する速度をゆるめてくれるので、それだけ脂肪変換される確率が下がります。

まとめ

私たちの体は、1日食べ過ぎたくらいでは簡単に太りません。
リバウンドも1日や2日でなるものではないので、慌てずに3つのリセット方法を実践してくださいね!