ダイエット効果が高い運動をしたいなら空腹時がおすすめ

 

ダイエットを目的とした運動をするならば、効率的に体脂肪を使いたいですよね。それならば、空腹時がおすすめです。エネルギーが不足している空腹時に運動をすることで体脂肪を使いやすくなると考えられるからです。

 

なぜ、空腹時に運動をすると体脂肪を使いやすいのか


 
ダイエットの目的は、体についている余分な体脂肪を燃焼させることです。しかし、体は運動をすることで必要なエネルギーをまずは血液の中にある使いやすい糖質や脂質を使います。そのためなかなか蓄えられている体脂肪を使おうとしません。

 

しかし、空腹の時は、血糖値が下がっている状態(血液中の糖分が少ない状態)のため、運動によって消費する血糖が血液中では足らないので、体に蓄えてある予備のエネルギーを使うことになります。それが体脂肪を燃焼させやすい理由となります。

 

空腹時に運動をする際のポイント

 

それでは、どのようなことに注意をして空腹時に運動をすればよいのでしょうか。

 

空腹時に運動をすることは、体に少なからず負担をかけますので注意をしなければならない点もあります。特に普段運動をあまりしない方がいきなり空腹時に運動を行うと低血糖によって貧血を起こしてしまったり、最悪、心臓麻痺を発症する危険性があるので十分に注意しましょう。

 

そのため運動をあまり普段しない方は、初めは空腹時ではない状態で運動をしながら少しずつ運動することに体を慣らしておきましょう。空腹時に運動を始める際には、負荷があまりかからない軽いウォーキングなどから始めるのがおすすめです。

 

空腹時の運動は必ず有酸素運動を行うようにしてください。また、集中力が低くなっている状態でもあるためケガや事故にあわないように気をつけることも大切です。低血糖で気持ちが悪くなってしまった時に、すぐに血糖をあげられるように角砂糖や飴といったものを準備しておくと良いでしょう。

 

継続することが重要

 

空腹時に運動を行うことが効率的だからといって、朝の起き抜けの空腹時にいきなり負荷の高い運動を行ったりするとケガの原因となってしまいかねません。空腹時でなくても運動をすることは少なからずダイエットに効果があることは確かですから、まずは体を運動に慣らしていくことから始めてくださいね。

 

ダイエットを成功させるには、運動やカロリー消費量のコントロールを目標達成まで継続していくことが最も大切です。いきなり激しい運動をしてケガをしたり体を壊してしまっては目標達成どころではなくなってしまいます。無理をせずに続けられる運動をしながらしっかりと成果を出していきましょう。