ドローイングダイエットは器具も場所も要らず、やり方もシンプルなすぐにでも始められる体幹を鍛えるダイエット方法です。

お腹にまで息を吸い込む腹式呼吸で行なわれるので、血液中の酸素も増えて代謝も上がります。

今回は、ドローイングダイエットの効果ややり方についてお話しします。

ドローイングダイエットとは?

ドローイングダイエットとは、わかりやすくいうと腹式呼吸をすることでインナーマッスルを鍛えてダイエットに向けるというお手軽トレーニングです。

私たちは普段、胸だけで呼吸しています。
だから、すごく呼吸が浅くほとんどお腹の筋肉は使っていないのですね。
でも、意識的にドローイングダイエットで腹式呼吸を繰り返すとお腹周りの筋肉を刺激できるのです。

ドローイングダイエットの効果はあるの?

ドローイングダイエットは、積み重ねていけば次第に痩せやすい体質になるのでダイエットにつなげられます。

単純に腹式呼吸をするだけではなく、インナーマッスルを鍛えるために工夫されたやり方で行なうので、効率的にインナーマッスルを鍛えられます。
インナーマッスルとは、胴体の筋肉のことです。
体を支える重要な筋肉なのと、範囲が広いので鍛えて筋力をアップさせると、代謝もグンと上がりますよ!

代謝が上がると痩せやすくなるのでダイエット成功率が上がります。

ウエストが太いなどでお悩みがある人は、腹筋などのハードな運動をするよりもドローイングダイエットでインナーマッスルを鍛えた方が、効果的にウエストをくびれさせられます。

ドローイングダイエットの基本的なやり方


ドローイングダイエットには、応用的なやり方もありますが、ここでは基本的なやり方をご紹介します。

1. 立った姿勢のまま、肩や上半身の力を抜いて背筋を伸ばします。
2. お尻や下半身には力を入れて、息をゆっくりと全部吐き切りましょう。

3. 吐ききったところでお腹をできるだけ凹ませて10秒以上キープします。

4. また、息を吸い込んで2から3を繰り返します。

ドローイングダイエットは、やり方がシンプルなので通勤途中や待ち時間でもでき、忙しい人にもぴったりなダイエット方法です。

まとめ

デスクワークが多い生活を送っていると、インナーマッスルが衰えやすいです。
すると、極端に代謝が下がり痩せにくくなるのですね。

そんな人こそ、デスクワークの合間などにドローイングダイエットを実践していただきたいです。