女性に人気なヨガは、有酸素運動の一つでダイエットに効果的だと言われています。
運動量は少ないものの、呼吸法も取り入れているので、たくさんの酸素を体内に取り込んで血流を促進できます。

外でジョギングやウォーキングなどに抵抗があるなら、室内でできるヨガを始めてみませんか?

今回は、ヨガの効果やダイエットのためにヨガを行う場合の注意点などをご紹介します。

ヨガダイエットの効果は?

ヨガは深い腹式呼吸とタイミングを合わせながら一つ一つのポーズでゆっくり体を伸ばして行く有酸素運動です。

かなりハードなヨガをしない限り、ジョギングや水泳の時のような疲労感がなく、体への負担も少ないです。

そんなヨガは、地道に続ければダイエットに効果的です。
呼吸法を取り入れることで有酸素運動になりますから血流も促進できて、汗をかく人も多いです。

ヨガで基礎代謝はアップする?

ヨガは呼吸法とともにポーズをすることで血流が良くなる以外に、インナーマッスルの筋肉もゆっくりと鍛えられるので、続ければ確実に基礎代謝が上がります。

ポーズをキープするためには、筋肉も使います。
ゆっくりと筋肉を使うため、その時の疲労は軽いですが、スロージョギングやスロートレーニングのように効率的に筋肉を鍛えられます。

筋肉が増えると、筋肉のポンプ作用によって血流が良くなるので基礎代謝が上がりダイエットしやすい体質になります。

ダイエット効果も上がる!自宅ヨガの注意点とは?


ヨガは、畳1畳分くらいのスペースを確保すれば、特に器具を用意することもなく気軽にスタートできる有酸素運動です。
だからこそ、注意しなければいけない点が何点かあります。

・食後1時間は避ける
・十分な水分補給を
・妊娠中や生理中、体調不良の時は行わない
・無理に体を伸ばさないこと

食後は胃腸が働いているので疲れやすいです。
そんな時にヨガをすると気分が悪くなってしまう可能性があります。
また、リンパや血流が良くなるのでしっかりと水分補給をしましょう。

そして、絶対に無理はしないこと。
体調が悪い時やポーズが辛い時は無理せずに休みましょう。

まとめ

ヨガはポーズを覚えるまでが少し慣れなくて時間がかかるかもしれませんが、覚えてしまえばリラックスもできるのでかなりおすすめな有酸素運動です。
ダイエット効果もあり、リラックス効果もあるので、是非続けていただきたいですね。