ロングブレスダイエットは、俳優の美木良介さんが考え出したダイエット方法です。
美木さん自身もロングブレスダイエットを2ヶ月実践して12kgの減量に成功したり、多くの芸能人がダイエットに成功したことで注目を集めました。

長く息を吐くだけで本当に痩せられるの?どれくらいの期間すればいいの?など、まだまだ疑問がいっぱいな人が多いことでしょう。

ということで、今回はロングブレスダイエットの効果的なやり方や実践期間についてお話しします。

ロングブレスダイエットで痩せるメカニズムと実践期間

ロングブレスダイエットは、息を長くゆっくり吐く、吸うを繰り返すことで、インナーマッスルが鍛えられて筋力がアップして脂肪燃焼率が上がり痩せられるというダイエット方法です。

インナーマッスルが鍛えられると、お腹周りの内臓脂肪も燃焼しやすくなり、ウエストが細くなります。
また、背中から腰にかけての脊柱起立筋も鍛えられるので腰痛予防もできます。

筋肉量が増えると基礎代謝が上がります。
すると、痩せやすい体質になるので、食事制限などで頑張りすぎなくても痩せられるようになります。

器具も使わずに、息をゆっくり吐いたり吸ったりするだけで痩せられるので、その手軽さに惹かれてチャレンジする人が多いです。

しかし、たとえ代謝が上がって脂肪が燃焼したとしても、ロングブレスダイエットだけで痩せられるのは1kg程度ではないか?という声もあります。
つまり、ロングブレスダイエットに何らかの行為をプラスする効果的なやり方を実践すれば、もっと痩せやすくなります。
ロングブレスダイエットの実践期間に決まりはありませんが、美木良介さん自身は2ヶ月実践して12kgの減量に成功したと言っています。

ロングブレスダイエットの基本的なやり方

ロングブレスダイエットの効果的なやり方の前に、基本的なやり方を説明します。

基本的なやり方は、長く息を吐いたり吸ったりするシンプルな方法ですが、少しコツが必要なので慣れるまでに時間が必要かもしれません。

  1. 右足を左足の前に出してクロスし、お尻を力一杯引き締めます。体の重心は左足にかけます。
  2. 3秒間かけてゆっくりと鼻から息を吸います。
  3. 7秒間かけてゆっくりと口から息を吐きます。
  4.  2〜3を1分間繰り返します。
  5. 足のクロスを反対にして同じように行ないます。

これを1日2セット行います。

ロングブレスダイエットの効果的なやり方

ロングブレスダイエットの効果的なやり方は、ウォーキングと組み合わせるという方法です。
20分程度のウォーキングをした方が、有酸素運動の効果で痩せやすいと言いますね。
それに加えて、息を吐いたり吸ったりするとロングブレスダイエットの効果的なやり方になるのです。

ロングブレスダイエット自体も有酸素運動なのですね。
つまり、ロングブレスダイエットの効果的なやり方というのは、W有酸素運動をすることなのです。

ロングブレスダイエットの効果的なやり方は次の通りです。

  1. ウォーキングで4歩進むときにゆっくりと鼻から息を吸います。
  2. 次の4歩間で息を口から吐き出します。

最初はこれを繰り返して、慣れてきたら4歩間で吸って8歩間で吸うようにしましょう。

ウォーキングをしながら息を吐いたり吸ったりするときは、肩甲骨が動くように腕をしっかり振り、お腹を凹ませるイメージで歩きましょう。

まとめ

ロングブレスダイエットだけでは効果がなかった・・・という人は、ウォーキングもプラスしたロングブレスダイエットの効果的なやり方を是非試してみてくださいね。
W有酸素運動効果で、たくさんの酸素を体内に入れ込むので、代謝が上がって痩せやすくなるはずです。