有酸素運動をダイエットに効果的に取り入れるには


ダイエットをするためにどのような運動をしていますか?ダイエットには、ある程度の食事制限も必要ですが、美しく健康的にやせるためにも運動は不可欠です。

 
運動には、有酸素運動と無酸素運動がありますが、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動は、ダイエットに効果的と言われています。なぜ、効果的といわれているのか、また、どのように行うことがより効果を高められるのか紹介していきましょう。

 

有酸素運動とは

 

比較的弱い力が筋肉にかかり、筋肉の負担が少なく、体に貯められている体脂肪をエネルギー源として燃焼させる運動のことを有酸素運動と言います。体脂肪を燃焼させるときに酸素が必要となるため有酸素運動と呼ばれています。

 

対する無酸素運動は、瞬間的に筋肉に強い負担がかかるため、筋肉に蓄えられたグリコーゲンやグリコースをエネルギー源として使う運動のことを言います。グリコーゲンやグリコースを分解する時には酸素が使われないため、このような運動のことを無酸素運動と言います。

 

有酸素運動には、ウォーキング、ジョギング、エアロビやエアロバイク、サイクリングやヨガなどがあります。

 

有酸素運動は20分以上続けないと効果がない?

 

「有酸素運動は20分以上続けないと効果がない」ということを聞いたことはありませんか。以前はそのようなことがよく言われていましたが、最近では20分という時間にこだわらず短時間でも有酸素運動を行うことが大切であると考えられています。

 

有酸素運動を20分以上行うと、蓄えられている脂肪が燃焼しやすくなることは事実ですが、20分以内の有酸素運動はダイエットに効果がないのかというとそんな事はありません。

 

運動をしている間は、確実にある程度のカロリーを消費しています。その消費カロリーが糖質からであっても蓄えられている脂肪からであってもダイエットには同じ効果があります。

 

大切なのは続けること

 

有酸素運動といえども運動を行ってこなかった方にとって長い時間続けることにはある程度の努力が必要でしょう。運動自体がストレスとなってしまって続かないこともあるかもしれません。まずは、摂取カロリーを抑えて消費カロリーを少しでも増やすことを考えましょう。

 

初めは体の負担が少ない手軽なウォーキングなどから始めて徐々に消費カロリーが多い運動に増やしていくのが理想的です。仕事などが忙しくて時間がとれないという方は、テレビを見ながら5分だけでもつま先立ち歩きをするなど、ちょっとした運動を工夫しましょう。ゼイゼイと息が切れるほどの運動でなければ有酸素運動となります。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ダイエットをしようと思っていても、運動嫌いでなかなか踏み出せない方も多いのではないでしょうか。運動は長時間続けないと意味がないということは決してありません。初めは気分転換程度の運動でも、続けていくことが大切です。初めは5分程度の有酸素運動でも確実にカロリー消費は増えますので、自分に合ったペースで有酸素運動を行うようにしていきましょう。