自転車は足や太ももを結構使うのと、ジョギングなどと同じ有酸素運動なので、ダイエットに効果があります。

歩いたり走ったりするのは体が慣れるまで辛いこともありますが、自転車だったら楽だから続けられそうですよね。

ダイエットは続けられる方法でなければ成功しません。

今回は、自転車ダイエットのやり方やコツなどをご紹介します。

自転車に乗るだけでダイエットできる?


自転車はジョギングなどと同じで有酸素運動になるので、ダイエットにも最適です。

自転車はバランスを取りながら太ももや足を使ってペダルを漕がなければいけないので、下半身や体幹の筋肉を結構使います。

下半身の筋肉は、全体の筋肉の約7割を占めています。
筋肉を鍛えると、血流が促進されるので痩せやすい体質になります。

自転車に乗るだけで全身の7割もの筋肉を鍛えられるので、続けることで確実にダイエットへとつなげていけます。

また、バランスを取る時には体幹も鍛えられるので胴体の筋肉も鍛えられて、さらに代謝が上がります。

ジョギングは膝に負担がかかりますが、自転車はあまり負担がかからないので楽なのに下半身や体幹の筋肉をしっかり鍛えられるダイエット方法なのです。

自転車ダイエットのやり方

自転車ダイエットのやり方はかなりシンプルです。
自転車に乗るだけでOKです。

ただし、20分以上乗り続ける必要があります。
それは、有酸素運動全般に言えることで20分以上、運動し続けなければ脂肪燃焼しないからです。

ベストなのは1時間程度です。
しっかり水分補給をしながら、1時間を目安に自分のペースでいいので自転車に乗ってみましょう。

自転車ダイエットの効果を上げるコツ


ただ自転車に乗るだけでは、あまりダイエット効果が上がらないかもしれません。
できるだけ自転車ダイエットの効果を上げたいのなら、次のことに意識してみましょう。

・背筋が曲がりすぎないように意識する
・自転車に乗るときは目線をまっすぐ前に向ける
・肘は軽く曲げる
・膝が少し曲がる程度のサドルの高さにする
・ペダルの真ん中に親指の付け根が来るように足を置き、つま先に重心を置いて漕ぐ
・足首はあまり動かないように固定する

まとめ

自転車はただ漕ぐだけというシンプルな運動ですが、気軽に始められてあまり疲れないので続けやすいです。
かなりハードな運動ではないので即効性はありませんが地道に続けることで確実に痩せられるので、ぜひ続けてみてくださいね。
自転車ダイエットを習慣化すれば、食べても太らない体質になります。