スマホ使用中の姿勢に注意!

街中のどこでもネットがつなげる現代。携帯電話はスマートフォンに進化し、ネットやアプリなどで1日中活用できるアイテムとなりました。

いつでも手軽に操作できる便利なスマホですが、ついつい集中しすぎると姿勢が崩れがちに。姿勢の崩れは、肩こりをまねくだけではなく、全身の血流を滞らせむくの原因となります。

スマホによってできたたるみはスマホで解決しましょう。今回はスマホ操作中に気を付けるべき姿勢についてご説明します。

 

スマホ操作中は深呼吸を意識しよう

スマホの操作中は、呼吸が浅くなりがちです。人間は集中すると、呼吸が浅くなる傾向があります。またスマホの操作中は、肩が丸くなる巻き肩になりやすいです。巻き肩は肺が圧迫され呼吸がしにくくなります。

スマホ使用中は、適度に深呼吸を繰り返すようにしましょう。深呼吸は全身の血液の循環をスムーズにする働きがあります。血液の循環がスムーズになれば、むくみが解消し、体形を一回り細身にすることができます。

 

スマホ操作中は巻き肩に注意

座っているときでも、立っているときでも、スマホ使用中に注意してほしいのが巻き肩です。巻き肩とは、肩が丸まり前方へと飛び出た状態のことです。

筋肉が緊張し肩こりが発生するだけではなく、肩から上の血液やリンパの流れが滞ります。血液やリンパの流れが滞ると、顔がむくみやすくり、見た目年齢も老けやすくなってしまいます。

また巻き肩改善は、連動して発生する猫背やストレートネックなどを改善するはたらきもあります。

 

正しい姿勢の確認方法

巻き肩や猫背などで長年過ごしている人は、正しい姿勢がどのようなものか忘れていることが多いです。自分なりに正しい姿勢でいても、それが間違った姿勢の場合があります。間違った姿勢は、腰痛や肩こりなどをさらに悪化させる可能性があります。

正しい姿勢を確認するためには、壁に背中を預けて立つようにしましょう。

  1. 壁に背中と両足のかかとをくっつけて立つ
  2. 首を反らして天井を見上げる
  3. 首の位置をずらさないように顔を前方に戻す

壁にもたれて立つ感覚を日常の姿勢に取り入れると、姿勢の修正も楽になります。また壁に背を預けているときは以下の点に注意すると、さらに姿勢がよくなります。

  • 壁と腰の間は、手のひらが入らない程度に接近しているか(反り腰になっていないか)
  • 肩が前方に突き出てないか(巻き肩になっていないか)

筋肉の疲れは、長時間同じ姿勢を保つことにより起こります。正しい姿勢であっても長時間続けると疲れたり凝ったりします。集中する作業には適度に休憩を入れるようにしましょう。