産後は最も体型が崩れやすく、育児にも忙しいのでダイエット対策ができずにそのまま太ってしまう女性が多いです。
また、妊娠中はホルモンの働きで脂肪や水分を溜め込みやすくなるので、それだけでも太る確率が上がります。
産後に元どおりになると思っていたら・・・ならなかったという女性も多いので、しっかり対策したいですね。
今回は、産後ダイエットを成功させるために気をつけることをお話しします。

和食を食べるようにする

洋食やファーストフードなどの脂質や糖質が多いものばかりを食べていると、運動をかなりしない限り、太ってしまいます。
育児で睡眠不足な日が多くなると、味が濃いものや脂っこいものを食べたくなりますが、高タンパクで低カロリー、食物繊維たっぷりな和食をメインにするように心がけましょう。

また、睡眠不足になると成長ホルモンが分泌されにくくなるので、さらに痩せにくくなりますから食べ物に気をつけてカバーするしかありません。

赤ちゃんには母乳を与えるようにする

できるだけ、赤ちゃんには母乳を与えるようにしましょう。
母乳は、お母さんが食べ物から摂取した栄養素が血液で運ばれて作られます。

1日の授乳で600kcal消費できるので、それだけでもダイエット成功率がかなり違って来ます。

また、母乳は出さなければどんどん出にくくなるのと乳腺炎の原因にもなります。
赤ちゃんの健康のためにも、できるだけ母乳を与えて産後ダイエットの成功率を上げましょう。

毎日母乳を与えていただけで、何もしなくても産後にしっかりダイエットできたと言っているママも多いです。

食物繊維をうまく取り入れよう!

赤ちゃんに母乳を与えるほど、お母さんの体から水分を取られるので便秘になりやすくなります。
水分不足で便が硬くなって出にくくなるというタイプの便秘ですね。

便秘になると、消化がスムーズに行かなくなるためエネルギー消費率が下がります。
すると太りやすくなってしまうのです。

さらに、産後は妊娠時に増えた脂肪もすでに体に存在する状態ですから、便秘が重なると大変なことになります。

おやつを寒天ゼリーやドライフルーツにしたり、毎日の食事にこんにゃくや海藻、野菜などをうまく取り入れて、食物繊維をたくさん摂りましょう。

しっかり便秘対策をして老廃物が溜まりにくい体質にするだけで、産後ダイエットの成功率は上がります。

まとめ

産後ダイエット方法は、骨盤エクササイズや有酸素運動だけではありません。
食事や毎日の習慣を変えるだけでも産後ダイエットしやすくなるので、是非実践してみてくださいね!