痩せたいなら筋肉量を増やして基礎代謝を上げることです。
そうすれば、無理な食事制限をしなくても痩せやすい体質になるので少しずつ痩せて行きます。

しかし、ハードな筋トレは辛いので長続きしませんよね。
そこでおすすめなのが、数回の筋トレだけで筋力を大幅にアップできるスロートレーニングです。

ここで、スロートレーニングのダイエット効果や続けやすい理由についてご紹介します。

スロートレーニングとは?

スロートレーニングとは、スクワットや腕立て伏せなどの筋トレメニューをゆっくり行うことで効率的に筋肉を鍛えられるトレーニング方法です。
普通の筋トレは、例えば腕立て伏せなら、腕を曲げて伸ばすと言う1回の動作にスピードがありますね。
しかし、スロトレーニングではその1回をわざとゆっくり行なうことで筋肉を通常よりも使えるので、効率的に鍛えられると言うものなのです。

筋トレをゆっくり行なう分、トレーニング回数も少なくなるので、数回のスロートレーニングで筋肉をしっかり鍛えられるのが最大のメリットです。

スロートレーニングのダイエット効果

スロートレーニングは、次のような要因によりダイエット効果が上がります。

基礎代謝が上がる

スロートレーニングをすると、短期間で効率的に筋力をアップできるので基礎代謝がかなり上がります。
すると、少しの運動量で消費エネルギー量が上がるので痩せやすくなります。

全身の筋肉が鍛えられると、だいたい3ヶ月間で1日の基礎代謝量が100kcal増加します。
100kcalは、ウォーキングを20分程度するくらいの運動量なので、かなりの運動量になります。

脂肪分解がスムーズになる

スロートレーニングは、筋トレ回数が少ないのにハードな筋トレをしたのと同じくらいに筋肉が鍛えられます。
筋肉が発達すると新陳代謝がアップするので成長ホルモンの分泌量が増えます。

成長ホルモンには脂肪分解をスムーズにする効果があります。
それによって、さらに痩せやすい体質になるのです。

続けやすい理由とは?スロートレーニングのメリット

筋トレをゆっくり行なうスロトレーニングはなぜ続けやすいのか?
それは、数日に1度しかしなくていいことと、筋肉痛になりにくいからです。

スロートレーニングは、1日おきに行なっても通常の筋トレと同じくらいに筋肉を鍛えられます。
ですから、毎日トレーニングしなければいけないと言うストレスから解放されるのです。

そして、スロートレーニングは筋肉痛になりにくいのが特徴です。
無理な筋トレをして筋肉痛になると、それだけで挫折することも多いのではないでしょうか?
スロートレーニングは、筋肉への負担が少ないのにしっかり鍛えられるので続けやすいのです。

まとめ

忙しい人こそ、1日おきに数回行うだけでいいスロートレーニングがおすすめです。
ダイエットに効果的なスロートレーニング方法もご紹介しますので、お楽しみに!