ダイエットには、有酸素運動よりも筋トレがおすすめ

 

ダイエットに良いからと、ウォーキングやジョギング、水泳などを頑張っている方も多いのではないでしょうか。有酸素運動は、酸素をたっぷりと使い、体内に蓄えられている脂肪の燃焼に効果的と言われています。もちろん、それは間違いではありませんが、効率良くダイエットをするなら、まずは苦しくとも筋トレを行うことが成功への近道です。

筋トレは、大きい筋肉から鍛えると効率的

 

筋トレを始める際に、全身のどこの筋肉から鍛えるとよいのでしょうか。ダイエットを効率的に行うには、よりカロリーを消費しやすい大きな筋肉を鍛えることが効果的です。人間の筋肉は、大胸筋と呼んでいる胸にある筋肉と太ももの前面にある筋肉が特に大きいです。

 

 

筋肉はあればあるほど基礎代謝がアップする

残念ながら、食事制限だけのダイエットをすると脂肪だけでなく筋肉も少なくなってしまいます。そうなると基礎代謝が減ってしまい、だんだんと痩せにくい身体になってしまうという恐ろしいことになりかねません。

 

また、筋肉は血流を増やしてくれるので血行が良くなり、体温を高め、免疫力もアップします。血行が促進されるとお肌や髪の状態が良くなるなど美容にも効果的です。体温が高くなると脂肪燃焼しやすい身体に変わり、太りにくい体質に変わっていきます。

 

 

 

ダイエットの効果的な筋トレ方法とは

 

 

今まで筋トレとはあまり縁のない生活をしていた方が、いきなりダンベルなどを持ち出して筋トレを本格的に始めると関節や筋肉を傷めてしまいがちです。まずは、スクワットから始めましょう。

 

 

正しいスクワットの方法

 

 

1. 肩幅と同じくらいの広さに足を開いて立つ。爪先は正面に向ける。

2. 両手を伸ばして前に出す。肩の高さまで上げる。

3. 股関節からお尻を後ろに出す感じでひざを曲げていく。

4. 太ももが床と平行になったら立ち上がる。

 

スクワットをする上で気をつけなくてはならないことは、ひざを曲げていく時に、爪先よりもひざが前に出ないようにすることです。また、背筋をピンと伸ばしたままで行いましょう。正しいフォームでスクワットができるようになったら、10回を1セットとして最初は2セットから始めましょう。だんだんと慣れて来たら3セットに増やします。

 

 

ダイエットのための筋トレはどれくらい行えばいいの?

筋トレは、毎日行う必要はありません。かえって毎日行ってしまうと、筋肉が回復せず筋肉量を増やすことができなくなります。ダイエットのために効率的に筋肉を増やすには、週2~3回がベストであると考えられています。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

効率的にダイエットを成功させるには、筋トレが効果的です。スクワットだけでなく、腕立て伏せやバックキックなど鍛えたい筋肉に合わせて筋トレを行いましょう。
筋トレを行うことで体重を減らすだけでなく、お肌や髪、健康にもプラスになります。少しずつトライして筋トレの回数を増やしていきましょう。