美しいプロポーションを目指すのならば筋肉トレーニングは必須


脂肪を減らしただけでは、身体が細くなるだけで美しいプロポーションを作ることはできません。垂れたお尻や出っ張ったお腹が気になる人は、食事量を減らすことはやめて筋肉トレーニングで引き締めたほうがよいでしょう。

しかし女性のダイエット本で筋肉トレーニングについてまとめられているものは珍しく、筋肉トレーニングの抑えるべきポイントあまり周知されていません。

今回は筋肉トレーニングのポイントを2つご紹介します。どこの部位を鍛えるにしても忘れてはいけないポイントですので、ぜひ目を通してみてください。

 

 

ポイント①美しいスタイルを手に入れるコツは2段階に有り

ダイエットは「①減量期」と、「②筋肉増加期」をわけて考えるとよいでしょう。

なぜなら食事制限中は、筋肉を増やすことはできないからです。食事制限で摂取カロリーや栄養を減らせば、筋肉を作るエネルギーも減っていることになります。筋肉トレーニングで筋肉を増やそうとしてもエネルギーが足りないためうまく増えません。

 

しかしそれでも食事制限中の筋肉トレーニングは、筋肉減少を防止することができるため有効です。

このため筋肉トレーニングのやりすぎでムキムキになる、という女性がよく心配することは実は起こり得ません。

 

 

食事制限と筋肉トレーニングの関係

「食事制限を行わずに筋肉トレーニングのみ」を行えば、脂肪は同じ量のまま筋肉だけが増加します。体形的には一回り大きくなるだけです。おそらくこれが女性が述べる「筋肉トレーニングのやりすぎでムキムキになったような気がする」という状態なのでしょう。

 

「食事制限を行いながら筋肉トレーニング」を行えば、筋肉の減少を防ぐことができるので脂肪は減り筋肉は残ります。しかしもともとの筋肉量が少ない人は、体形がたるんだままでいることが多いです。

 

「食事制限で脂肪も筋肉も落としてから、食事量を戻し筋肉トレーニング」を行えば筋肉を効率よく増やすことができます。最初に述べた「①減量期」と「②筋肉増加期」をわけて実践するダイエット方法ですね。

 

筋肉が増えやすい状態は、同時に脂肪も油断すればすぐに増える状態でもあります。しかしカロリー・栄養をきちんと管理すれば脂肪の増加も最小限にとどめることができます。

 

食事制限で頑張って痩せようとしている女性は、筋肉が足りないため痩せてはいてもスタイルが崩れていることが多いです。
ある程度脂肪を落とせたのなら、タンパク質・野菜中心の食べるダイエットに切り替え、筋肉トレーニングに取り掛かれば美しいスタイルも手に入れることができるでしょう。

 

 

ポイント②正しいフォームを意識する


筋肉トレーニングで何より重要なことは、正しいフォームです。
筋肉トレーニングとは、「身体の1部の筋肉を鍛えるトレーニング」。つまりは正しいフォームでしっかりと目的の筋肉に負担がかかるようにしなければ、効果もなくなってしまうということです。

特に自宅のトレーニングは、自分の体重で筋肉を鍛える自重トレーンング中心となりますから正しいフォームでなければ筋肉に十分な負荷を与えることはできません。

はじめて筋肉トレーニングを行う人は、はじめから完璧なフォームでトレーニングすることは無理だと理解しましょう。筋肉トレーニングをはじめて1ヵ月はあまり結果を気にせず、正しいフォームのみを意識するようにしてください。