いつもの料理がダイエット料理に変身!

ダイエットのためには、健康的なダイエット料理が効果的。しかしダイエットレシピ本を買って、調味料を測って、と手間をかけて料理をする余裕は現代女性にはありません。しかしいつもの料理にあるものをプラスするだけで、ダイエット効果を高める方法があることをご存じでしょうか。

 

そのあるものとは「薬味」です。「薬味」を料理に加えれば、ダイエット効果を高めるだけではなく、いつもの味に深みを加えることもできます。今回はそんな「薬味」についてまとめてみました。

 

薬味って何?


薬味とは料理に添える香味料のことです。わさび、生姜、ネギ、山椒、ミョウガなどが和食ではよく添えられています。西洋料理ではコショウ、クローブ、レモン、シナモンなどが薬味といえるでしょう。

 

味に深みを与えたり、香りを加えたり、見た目にアクセントを食えたりその効果は様々です。意外にも削り節、ちりめんじゃこ、梅干しも料理に添えれば薬味となります。

 

 

薬味のダイエット効果

薄味でも満足できる味に
「薬味」は料理を奥深い味わいにします。塩が多く含まれた濃い味は「むくみ」の原因になることから、ダイエット料理は薄味であることが多いです。濃い味に慣れている方にとっては、薄味の食事では満足感が得られないことも多いです。日々の食事はストレス解消にの効果もあります。満足できな料理は、ストレスをため込んでしまう恐れがあります。

 

 

薬味を使えば薄味でも深い旨味を引き出すことができます。薄味では物足りない方は、様々な薬味を料理に加えてみることをおすすめします。

 

 

消化を助ける薬味

薬味は料理に味のアクセントや香りを加える他に、胃腸の働きを活発にし消化を助ける働きがあります。運動だけではなく、胃や腸で食べ物を消化する過程でも、カロリーは消費されます。胃腸の動きが鈍くなってしまうと、消化によるカロリー消費も少なくなります。消化に負担がかかる肉や揚げ物も、薬味をプラスすることで消化・吸収をスムーズにすることができます。

 

 

薬味の多くにダイエット効果がある

  • 身体を温め代謝を上げる「生姜」
  • 女性ホルモンのバランスを整えダイエットをサポートする「みょうが」
  • でんぷんを消化する酵素が含まれている「大根」
  • 内臓の働きを活発にする「実山椒」

 

このように多くの薬味にはダイエットをサポートする嬉しい効果があります。いつも食べている料理に、味のアクセントだけではなくダイエット効果もプラスすることができるのです。

 

 

複数の薬味を混ぜて調味料へ


料理のたびに、薬味を準備するのが面倒だという方は多いはずです。そんな方は、あらかじめ複数の薬味を混ぜ合わせて保存することをおすすめします。混ぜる薬味は適当でかまいません。自分なりの組み合わせを見つけるのも楽しいです。

 

小分けにして冷蔵庫保存しておけば、使いたいときにすぐ使うことができます。また冷凍保存することもできます。みそと混ぜておけば、お湯に溶かすだけでおいしい味噌汁を作ることができますよ。