おやつは無糖ドリンクに置き換えて減らそう


おやつを我慢することは難しいです。食べるのを我慢すれば体重を減らせるのが分かっていても、口寂しくなるとついついお菓子へと手を伸ばしてしまいます。お菓子を無理に我慢してしまうと、ストレスが溜まり、反動でお菓子の暴飲暴食に走る可能性も高まります。

ストレスなくお菓子を減らすポイントは「置き換え」です。いつも食べているお菓子よりも、低カロリーでヘルシーなおやつを準備し食べることで、高カロリーのお菓子を食べたい欲求を抑えることができます。今回はいつも飲んでいる無糖ドリンクを使った、お菓子の置き換え方法をご紹介します。

無糖のドリンクでおやつを減らす

コーヒーや紅茶や緑茶など、無糖のドリンクは様々な種類があります。低カロリーで口寂しくなったときの心強い味方です。無糖のドリンクを飲めば、お菓子を食べたい欲求を減らすことができます。ただし中には無糖ドリンクを飲んでいても、お菓子を食べてしまうという人もいるでしょう。そんな人には無糖ドリンクでおやつを作ることをおすすめします。

 

 

おやつの代わりには「〇〇ゼリー」がおすすめ

寒天やゼラチンで、コーヒーや緑茶などの無糖ドリンクを固めるだけで立派なおやつになります。味は甘味料をいれたほうが美味しくなります。砂糖を入れたくないという人は、ダイエットシュガーやハチミツで甘みをつけるとよいでしょう。

お茶やコーヒーが好きでない方は、水だけを使ってゼリーを作ってみてはいかがでしょうか。ただし水ゼリーの場合味がないので、ハチミツや黒蜜などの味付けが必用です。

 

暑い季節には冷たい「〇〇シャーベット」がおすすめ

コーヒーやお茶はシャーベットにもできます。ジップロック付きの袋のなかにお茶と砂糖をいれ、冷蔵庫で2時間凍らせます。凍ったら取り出し、全体を砕いてから再び冷凍庫で冷やします。これだけで夏におすすめの、ヘルシーなシャーベットを作ることができます。

 

 

〇〇ゼリーや〇〇シャーベットで使える無糖ドリンク

  • 牛乳
  • 豆乳
  • お茶
  • 紅茶
  • コーヒー

 

他にも、お茶にはごぼう茶やとうおろこし茶など様々な種類があります。色々試してみて自分がおいしいと思う、ヘルシーおやつを作れるようになるとよいでしょう。

 

 

無糖ドリンクはそのまま飲むだけでも様々な効果が期待できる

無糖ドリンクはそのまま飲むだけでも様々な効果が期待できます。

  • 緑茶を食後に飲めば血糖値ダウン効果有り
  • 紅茶は脂肪の蓄積防止の効果有り
  • コーヒーには脂肪燃焼のサポート効果有り

自分が期待する効果を持った無糖ドリンクを、ゼリーやシャーベットにするのもおすすめです。