お好み焼きは食べると太る?

 

小麦粉や山芋をたっぷりと使って作るお好み焼きは、ダイエットの大敵のように思えますね。でも、関西の方だけでなく、どうしてもお好み焼きが食べたくなってしまう時がありませんか。

 

お好み焼きは、作り方次第でダイエットの味方になる食べ物です。今回は、ダイエット中の方がお好み焼きを食べる時の注意点等についてご紹介したいと思います。

 

 

お好み焼きは、タンパク質、野菜がたっぷりととることができるワンプレート料理

 

お好み焼きは、1枚の中に野菜やお肉、魚介類、卵、小麦粉など色々な具材を入れて、栄養をバランスよく摂取することができるお料理です。しかも、自作することで中に入れる具材を色々とダイエット向けに工夫できます。

 

カロリーは、プレーンなお好み焼き(具材:豚肉、キャベツ、イカ)1枚当たり約500キロカロリー程度です。

 

一般的な料理のカロリー

刺身定食:608キロカロリー
あじフライ定食:770キロカロリー
天ぷら定食:830キロカロリー
カツ丼:1020キロカロリー
ちらし寿司:610キロカロリー
きつねうどん:398キロカロリー
天ぷらそば:586キロカロリー
カレーライス(ポークカレー):860キロカロリー

 

一般的なお料理と比較してみても特にカロリーが高いというものではありません。また、お好み焼きは腹持ちが良いので、間食を減らせるというメリットもあります。

  

ダイエッター向けお好み焼きの作り方

 

お好み焼きを作る際に、小麦粉の代わりにおからを使うと糖質オフのダイエット向けお好み焼きを作ることができます。

 

材料(1人分)

生おから       50g
卵          1個
豚薄切り肉      50g
キャベツ       120g
ダシの素(粒状)小さじ1/2
水       大さじ3
サラダ油    適量

 

 

作り方

1.  キャベツを千切りにしておきます。

2.  生おから、水、卵、ダシの素をよく混ぜ合わせます。

3.  (2)にキャベツを加えざっくりと混ぜ合わせます。

4.  熱したフライパンに薄く油をひいて(3)を入れ、上に豚肉をのせます。

5.  フライパンに蓋をして両面を焼きます。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

具材は、桜エビやイカ、ニラ、モヤシなど糖質が少なく好みのものを入れてみてください。焼きそばやお餅などを入れると美味しいのですが、糖質やカロリーがかなり高くなってしまうので加えないようにしましょう。マヨネーズや天かすなども控えめにした方が良いでしょう。

 

工夫次第でダイエットの味方になるお好み焼き。ぜひ作ってみてください。