食べても太らない人になりたい


外食ではカロリーを気にせず食べたいです。

ダイエットのことなど忘れて、楽しく飲んで食べて、笑って過ごしたいものです。それが彼氏や久しぶりの友人との食事だったらなおさら。

でもいざ食べようとすると躊躇してしまいます。今まで我慢してダイエットを続けてきたのに、この一口で台無しになったらどうしよう、とどうしようもない不安に迫られます。

こんなとき、食べても太らない人が羨ましくなりませんか。どんなに肉や甘いものを食べても太らない人、同じ人間なのに不思議です。

実はその人と私たちにあまり違いはなく、あるのはささやかな習慣の違いかもしれません。きつい運動や食事制限を始める前に、気軽にできる「プレミール習慣」からはじめてみてはいかがでしょうか。

 

 

プレミール習慣とは


premeal(食事の前)に行う習慣のことです。。

食事の前に特定の飲料や食べ物の摂取や、食簡単な運動のことを指します。
おかずからではなく、サラダを先に食べるのもプレミール習慣だといえます。

食事の前に特定の食べ物を摂取することで、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

血糖値は上がりすぎると、余分な分をインスリンが脂肪に変換してしまいます。また急上昇した血糖値はジェットコースターのように急低下するため、栄養不足と体が判断し空腹になりやすいです。

食事前の運動はアドレナリンが分泌されることによる、食欲を抑える効果が期待できます。

プレミール習慣は、我慢せずに自然と食べる量を少なくできるダイエット方法です。

 

 

プレミール習慣でおすすめの飲み物

食事前の飲食は、胃液が薄まるおそれがあります。
プレミール習慣の飲み物は、できれば食事30分前には飲むことをおすすめします。

 

野菜ジュース

血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

 

豆乳・ヨーグルト

どちらも血糖値が上がりにくいです。
大豆イソフラボンは脂肪の吸収を抑え、基礎代謝を高めてくれまっす。
ヨーグルトは腸内環境を整えてくれます。

 

オリーブオイル1匙

油がコーティングしてくれるため、血糖値の上昇が緩やかになります。

 

低GI値の食材であれば応用ができます。

GI値とは血糖値の上昇率のこと。低GI値とは、血糖値が上がりにくい食材のことを指します。
自分が足りないと思っている栄養を含んでいる低GI値食品を食べれば、健康や美容にも効果的です。
その日の気分に合わせてプレミールに食べるものを変えていけば飽きることもありません。

こちらのページを参考にあなたができそうなプレミール習慣の食材を考えてみてください。

 

 

プレミール習慣の運動

マラソンなどの激しい運動ではなく、乾布摩擦・マッサージ・ストレッチなどの穏やかな運動がおすすめです。

夕食前の入浴は、体の外側があったまる一方、胃腸の動きは穏やかになるため食欲を抑える効果が期待できます。
ただしこの場合あまり暑すぎるお湯はプレミール習慣に向いていないので、ぬるめのお湯で我慢しましょう。

 

 

このようにプレミールダイエットは、穏やかな続けられるのが特徴のダイエット方法です。簡単な習慣なので、毎日こなすことができます。
ダイエットは初めてで、何から始めればよいか分からないという方は、まずはこの習慣から取り組んでみてはいかがでしょうか。