ヘルシーな食生活のためには時短調理家電を活用するべし


ダイエットの基本はヘルシーな食生活です。時間をかければ健康的な生活は誰でもおくることができます。しかし忙しい現代人には、健康な料理にかける時間はなかなかありません。だからといって時間がないことを言い訳にしていては、いつまでたっても痩せることはできません。
ダイエットのためにも、将来の健康的な生活のためにも、時短調理家電を購入することは賢い選択です。最新の調理家電は目覚ましく、これまでの調理家電の面倒なイメージを払拭する機能がたくさんついています。今回はダイエットに役立つヘルシー調理家電を4つご紹介します。

素早く食材の重さを図ってくれるクッキングスケール

タニタ KJ-215 (ホワイト)

引用URL:http://www.tanita.co.jp/product/g/_TKJ215WH/
大体のダイエット料理本には材料の重さが細かく記載しており、重さを測る道具は必須です。最新のデジタルクッキングスケールは、丸洗いもできて衛生的。軽量化と小型化のおかげで吊るして収納できるタイプも増え、手を伸ばせば使いたいときに使えるようになりました。

 

特に計測器の大手メーカー「タニタ」のクッキングスケールは、タイプによってはごはんのカロリーを重さから計算してくれます。それだけではなく自分のよく食べる食品のカロリーをマイカロリーモードで登録しておけば、いつでも重さからカロリーを調べることができます。ダイエットの基本は食事管理です。ダイエット料理以外にも使える便利なクッキングスケールを持っておくのもよいのではないでしょうか。

 

 

ゆっくり絞って栄養を逃さないスロージューサー

Hurom H-AA

引用URL:http://huromjapan.com/product/haa.html

 

近年はただのジューサーではなく、「ゆっくりと野菜を絞る」スロージューサーが人気です。野菜の栄養を丸のまま摂れるジューサーは便利ですが、欠点はその音の大きさです。その点、スロージューサーは野菜からゆっくりと栄養と水分を絞るので、音が小さくてすみます。さらに野菜細胞の破壊が減るため、栄養の損失率を減らせます。問題だった洗いにくさも随分と改善しました。

 

 

ヨーグルト以外の発酵食品も作れるヨーグルトメーカー

TANIA YM-1200-NB(ブルー)
引用URL:https://tanica.jp/household-products/yogurtia/
最新のヨーグルトメーカーは、ヨーグルト以外の発酵食品もたくさん作れます。そもそもヨーグルトメーカーとは、食品を一定の温度に保つ機器です。そう聞くと、一定の温度を保てば作れる大体の発酵食品は作れると考えてしまいます。

 

しかし残念ながらこれまでのヨーグルトメーカーは「高温」そして「長時間」の保存機能が付属している商品が少なかったため、50度以上の発酵が必要な納豆や甘酒には対応していませんでした。最新のヨーグルトメーカーは「カスピ海ヨーグルト」から「甘酒」、「塩こうじ」、そして「鶏ハム」や「温泉卵」まで幅広い食べ物を作ることができます。

 

 

歯ごたえ自在のスープメーカー

ゼンケン スープリーズ ZSP-1
引用URL:https://www.zenken-net.co.jp/products/detail/13

最新のスープメーカーは、カットから熱調理まで1台でこなしてくれます。コンロの前に立って、火力の管理をする必要はありません。コンロを使わずに温かい料理が作れるスープメーカーは、1人暮らしの女性にも結婚している女性にも力になってくれます。