食欲の秋におすすめの「朝まいたけダイエット」

秋は食欲の季節。おいしいものがたくさんありますから、ついつい食べすぎたなんてことがあるかもしれません。
そんな季節におすすめなのが「朝まいたけダイエット」。朝にまいたけを食べるだけで、昼食の血糖値上昇を穏やかにしてくれる効果が期待できます。
食物繊維も豊富ですから腸内環境も整えられます。

 

 

ダイエットでは朝食こそ食べるべき

忙しさや体調を理由になんだかんだと手を抜いてしまいがちな朝食。
しかしダイエットを成功させたいならば、朝食こそ食べるべき食事です。

朝食を食べなければ、昼にお腹が減りドカ食いする原因となります。さらに血糖値も急激にあがやすくなり、あがりすぎた血糖値は脂肪として身体に蓄えられる結果に。
朝ご飯を食べないことは、自ら太ろうとする行為と同じなのです。

 

 

きのこは血糖値コントロール食材

血糖値の急上昇は、体が脂肪を蓄える原因の1つです。血糖値をゆるやかに保つことこそ、ストレスなくダイエットを行う秘訣。

血糖値を急上昇させない栄養素といえば食物繊維が有名です。
秋は安くて食物繊維も豊富なきのこの季節。これからの季節にかかせないダイエット食材となるでしょう。
特にまいたけにはαグルカンという血糖値降下作用がある成分が豊富に含まれています。
さらにまいたけに含まれるMXフラクションには、中世脂肪を減らしたり悪玉コレステロールの分解を促進させる効果が期待できます。

朝食にまいたけを食べれば、昼食後の血糖値の急上昇を防いでくれるセカンドミール効果も期待できます。

他にも免疫力の向上・アンチエイジング・風邪予防などにも効果があるといわれ、健康のためにもぜひ摂取したい食材です。

 

 

朝まいたけダイエットの方法

朝食にまいたけ50gと大さじ1杯の油を合わせて食べるだけです。合わせて高たんぱく質の肉・魚・卵もともに摂取するといいでしょう。
少しだけならご飯やパンを食べても問題ありません。

ダイエットで油は避けがち。しかし油は食べ物をコーティングし血糖値の上がり下がりを穏やかにしてくれます。
オリーブオイルやごま油など、様々な風味の油を使えば飽きずにまいたけを食べられます。
レンジで温めたまいたけに油をかけて食べれば、手間をほとんどかけず朝食を作ることができます。

 

 

きのこは洗わなくていい!

キノコは外のほこりなどに触れず工場で育てられていますから洗わずに調理ができます。
むしろ洗ってしまうとキノコの風味やビタミンなどが流れるおそれがあります。

噛む回数を増やすため、あえて大きめにちぎって料理してもよいでしょう。