しょうがを食べたい女性は多い

冷え性にもダイエットにも効果的だといわれているしょうがは、まさに女性のための食べ物です。その効果の高さからテレビや雑誌などでもよく取り上げられています。

しかしそれだけ効果があるにもかかわらず、いまだに多くテレビや雑誌でも取り上げられているということは、しょうがを日常的に食べている人は多くはないのでしょうか。

独特の辛みがあるしょうがは、効果は気になるけど食べたくても食べられないという女性も少なくありません。今回はそんな女性でも、しょうがを摂取できる方法をご紹介します。

 

しょうがは冷え性にもダイエットにも効果的

しょうがにはジンゲロールという辛み成分が含まれており、脂肪の蓄積を防止し、身体の表面を温める効果があります。

このジンゲロールを温めると、ショウガオールという成分が発生します。体の表面を温めるジンゲロールとは違い、ショウガオールは体を内側から温めます。このためダイエットと冷え性改善を同時に行いたいのならば、しょうがは温めて食べたほうがよいでしょう。

 

しょうがが苦手でもしょうがを食べたい

ダイエットにも効果的な食品としてたびたび名前が出るしょうがですが、あの独特の辛みが苦手で食べられないという人も多いのではないでしょうか。しょうが嫌いの中には、紅ショウガが触れて赤くなった焼きそばも食べられないという人もいます。

 

料理に混ぜてみる

しょうがは嫌いだけど、豚肉のしょうが焼は食べられるという人は多いです。その他、鶏肉のつみれやスープに入っているしょうがは食べられるという人もいます。熱することで独特の辛みが和らぐからでしょうか。

カレーやハンバーグなど日頃食べている料理に、分からない程度にしょうがを加えてみてはいかがでしょうか。少しの量であれば辛みは感じにくく、料理の味を邪魔することはありません。

料理に混ぜるしょうがの量を少しずつ増やしていけば、次第にしょうがの味に慣れていきます。

 

ジンジャーシロップを食べる

ジンジャーシロップとは砂糖としょうがを煮詰めて出来るシロップのことです。しょうが独特の辛みはやや残っていますが、砂糖の甘みでマイルドになっているため食べやすいです。

ジンジャーシロップは手作りもよいのですが、市販品はスパイスなどが加えられ味に工夫がこらしてあります。ジンジャーシロップを白湯などで割って飲むのもよいですし、炭酸水で割って飲むのもよいでしょう。

 

しょうがサプリメントを飲む

もっとも簡単で、ストレスも感じない摂取方法はサプリメントです。しょうがの独特の辛みも感じずに、しょうがの効果だけを得ることができます。脂肪燃焼効果が期待できるサプリメント、Natural Burn(ナチュラルバーン)にはショウガエキスの他にもトウガラシエキスも配合されています。

しょうがの辛みが苦手な人は、唐辛子の辛みも苦手な人が多いです。しょうがと唐辛子をいっぺんに摂取できるのはとてもお得です。

さらにしょうがと唐辛子で体を温めるだけではなく、L-カルニチンで脂肪をエネルギーとして燃焼する効果も期待できます。

Natural Burn(ナチュラルバーン)ならしょうがの辛さを我慢せずに、ショウガエキスで内臓を温めて代謝のアップを期待することができます。

 

Natural Burn(ナチュラルバーン)公式ページ