アルコールはダイエットにはNGなのか?

 

年末に近づくにつれて、クリスマスパーティーや忘年会など、お酒を楽しむ機会が増えてくると思います。ダイエット中は、アルコールを飲んではダメなのでしょうか?

 

アルコールは太る原因となるのか、ダイエット中はアルコールを我慢しなくてはならないのか、太らないアルコールの飲み方などについて考えてみたいと思います。

 

なぜアルコールはダイエットに良くないのでしょうか

 

ダイエット中は、アルコールは飲んだらダメという話を聞いたことはありませんか。なぜアルコールは、ダイエット中は我慢した方が良いのでしょうか。

 

アルコールのカロリー

 

アルコールのカロリーは、1gあたり7キロカロリーでかなりの高カロリーです。炭水化物やタンパク質は1gあたり4キロカロリーですから、比べてみるとよくわかります。しかし、アルコールのカロリーは、体が優先的に消費するため体内に蓄積されません。そのためエンプティカロリーとも呼ばれています。

 

それならば、太らないから良いではないかと思われるかもしれませんが、アルコールで消費する分のカロリーは、他の食べ物のカロリーを消費しないということになるので、結果的にその分太ってしまうということになります。

 

アルコールは中性脂肪を増やす

 

アルコールは、中枢神経を麻痺させる作用があります。これは人間の体にとって緊急事態になるので肝臓が何よりも優先してアルコールを分解処理しようとします。そのため、食事から摂取した糖質や脂質の分解は後回しにされてしまいます。消化吸収までに時間がかかるので脂肪や糖質が体に蓄えられやすくなるのです。

 

また、アルコールを分解する際に肝臓はアセトアルデヒドと呼ばれる物質を作り出します。アセトアルデヒドは毒性のある成分で脂肪の分解を抑制、脂肪酸の合成を促す作用があります。脂肪酸は中性脂肪の元であるのでアルコールを飲むことで中性脂肪を大きく増やすことになるのです。

 

 

ダイエット中にアルコールを楽しむには

 

それでは、ダイエット中にアルコールを楽しむにはどうしたらよいのでしょうか。

 

アルコールを飲む前に豆乳を飲んでおきましょう。豆乳は少ないながらも食物繊維があり、アルコールに含まれている糖質を体に吸収させにくくすることが期待できます。また、アミノ酸も含んでいるので、肝臓でアルコールの分解を助ける作用をしてくれるため二日酔いの予防になります。

 

アルコールの分解作用には水が必要なのでで、お酒を楽しむ場合には同時に同じ量の水も飲むようにしましょう。同量のお水を飲むことでアルコールの分解を助け排泄作用を促してくれます。

 

カクテルなどの甘いお酒はなるべく避けるようにして、分解のスピードが速い蒸留酒(ブランデー、ウイスキー等)を炭酸水で割って飲むようにしてください。

 

お酒を飲むと肝臓がアルコールを分解することを優先するので血糖値のコントロールが乱れ、満腹感が得られないため、どうしても食べ過ぎてしまいます。締めのラーメン屋お茶漬けは太りますのでやめましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ダイエット中でもアルコールを楽しみたいですよね。あまりストレスを溜めすぎると、かえって暴飲暴食を招く原因となります。アルコールとの付き合い方をしっかりと学んで、上手にアルコールと付き合っていってください。