ヨーグルトを使ったヘルシーおやつ

ダイエット中だけどどうしても甘いものが食べたい、そんな時はありませんか。疲労が溜まっているときなど、頭の中がお菓子でいっぱいになることがあります。しかしそのまま食べたい欲にまかせて、甘いものを口にしてしまうと翌日後悔してしまうことに。

そんな時におすすめなのが、ヨーグルトを使ったヘルシーおやつです。今回はダイエット中でもおすすめのヨーグルトアレンジレシピをご紹介します。

マシュマロヨーグルト

マシュマロヨーグルトは、ヨーグルトの中にマシュマロを入れて一晩冷蔵庫で置いておくだけで作ることができます。ヨーグルトにマシュマロがしみ込んで、とても不思議な食感になります。

気になるのはカロリーですが、マシュマロは1粒10kcalと意外とヘルシーなお菓子です。

しかし中には一晩なんて待ってられない、早く食べたいというせっかち女子もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、電子レンジを使った作り方です。マシュマロをヨーグルトに入れる前に、20秒程度温めるだけ。ヨーグルトと混ぜて冷蔵庫で寝かせれば30分程度でヨーグルトをしみ込ませることができます。

 

 

塩ヨーグルトティラミス

水切りヨーグルトに塩を加えたレシピです。クリームチーズのような濃厚な味わいを楽しむことができます。甘くはないのでチーズ代わりに様々な料理でも活躍します。

作り方も非常に簡単です。まずヨーグルト(約500g)に塩(小さじ1)を加えます。次にボウルとザルを重ね、その上にガーゼとヨーグルトを乗せます。そのまま冷蔵庫で一晩置けば完成です。

お好みにハチミツや砂糖を加え、その上に無糖のココアパウダーを乗せればヘルシーな塩ヨーグルトティラミスの完成です。

 

 

焼きヨーグルト

チーズの代用品として活用できる、焼きヨーグルトもお菓子におすすめです。作り方は簡単で、まず水切りヨーグルトを作り、オーブントースターで焼くだけです。野菜と挟んで前菜にすることもできますし、ハチミツを加えてクリームとして活用することもできます。

チーズケーキの代替品としておすすめです。

 

 

フローズンヨーグルト

夏にぴったりなおやつは、ヨーグルトを冷凍庫に入れるだけで作れるフローズンヨーグルトです。

冷凍庫に入れ過ぎると固くなってしまうので、半日程度冷やすのがおすすめです。よりシャキシャキ感を楽しみたければ、凍る間際に取り出し何回か混ぜるとよいでしょう。果物を混ぜ合わせて様々な風味を楽しむことができます。

口当たりの良い濃い味がよいのであれば、余分な水分を抜いた水切りヨーグルトを使うとよいでしょう。