ランチカロリーは700kcal程度が目安

ランチのカロリーは700kcal程度を目安にするとよいでしょう。成人女性の1日の消費カロリーはおよそ2000kcal、およそ1/3のカロリーです。

 

過激なカロリー摂取は、身体にデメリットしかありません。ホルモンバランスを崩し、脂肪が燃えにくくなるうえに、ガマンしないといけないストレスで暴飲暴食に走る可能性が高まります。

仕事や勉強のリフレッシュもかねて、ランチはしっかり食べるようにしましょう。今回はダイエット中のランチメニューの選び方をご紹介します。

 

 

ダイエット中におすすめの外食ランチ

かつ丼やハンバーガーなど手軽で安いお店はたくさんありますが、食べるのであればヘルシーな「焼き魚定食」や「生姜焼き定食」などの定食がおすすめです。一汁三菜の定食は栄養バランスも整っており、食べ応えもあります。

 

 

カレーはインドカレーがおすすめ

高カロリーでダイエットには不向きと思われていますが、カレーは意外とダイエット向きの食品です。スパイスはもともと体調を整える薬として使われていました。それらスパイスが含まれているカレーは、体調を整え代謝を活発にする効果があります。

 

日本式のカレーは生クリームやじゃが芋などど高カロリーな材料が含まれていますが、インド料理やのカレーであればチキンカレーや豆カレーなどダイエット向きのカレーが揃っています。

 

 

コンビニランチは野菜をメインに選ぼう

ダイエット中におすすめなのが、コンビニダイエットです。自分の好みに合わせてカロリーを調節しつつメニューをカスタマイズできるため、続けやすいです。

おすすめの組み合わせは

  1. サラダ
  2. おにぎり1個
  3. スープorたんぱく質系おかず

の3つです。

 

700kcalという基準を崩さないようにメニューを選びましょう。基本的にはサラダに含まれているお肉を食べ、お肉をがっつり食べたい日はスープの代わりにお肉系のおかずを食べるようにするとよいです。

 

 

コンビニパンは、生クリームやマヨネーズなどの高カロリーな食品を挟んでいることが多く、ダイエットには不向きです。どうしても食べたい場合は、糖質の吸収と脂質の蓄積を防ぐ抹茶豆乳といっしょに食べることをおすすめします。

 

 

おやつは200kcalまでを目安に

ダイエット中はおやつを我慢しなければいけないと思い込んでいませんか。おやつは栄養補給やストレス解消などが期待できます。基準を設けず食べたいだけ食べるのは太る原因になりますが、自分なりのルールを決め食べるうえではダイエットの味方です。200kcalまでのおやつであれば問題ありません。