ダイエットでふさわしい食事時間は?

食事と食事の間は4~7時間あけるのが望ましいといわれています。食べ物が消化されるのには約3~5時間かかるといわれています。食べ物が完全に消化され、エネルギーが燃焼した後に食事をとれば、脂肪を蓄えるのを防止することができます。

 

 

間食はいつ食べるべき?

血糖値の観点からいえば、間食は食事2時間後がおすすめです。

2時間後の間食は、血糖値の急落を防ぎ安定させる効果があります。血糖値が安定すれば無駄な脂肪も蓄えられず、空腹で集中力が乱されることもなくなります。

 

 

夕食はいつ食べるべき?

夕食は遅くとも21時までには食べる習慣をつけましょう。寝る3時間前に食事を終えれば、質の良い睡眠を得られます。

午後10時~午前4時までは脂肪を蓄えるBMAL1というたんぱく質が体内で急増します。さらに身体の体内時計が崩れ、寝つきが悪くなったり、太りやすくなったりします。
このため深夜にカップラーメンなど夜食は避けたほうがよろしいでしょう。

 

深夜の食事が避けられない人は、夜はおかずだけ食べるようにしましょう。消化に負担がかかる揚げ物などの脂肪はなるべく摂らないように注意しましょう。炭水化物は夕方におにぎりを間食として食べるとよいでしょう。

 

1日〇食食べればいいの?

規則正しい食事が大切です。生活のリズムが乱れたとしても、早起きをして朝日をしっかりと浴び消化に優しい食事をとることで体内時計をリセットされるといわれています。

 

しかし必ずしも1日3食食べる必要はありません。人によっては普通の食事量であっても体重が増えたりします。

ポイントは体内時計を整えるために、同じ時間に食事を摂るように注意することです。

1日2食の人につらいのは、空腹時間が長く続くこと。ストレスを溜まないためにも、低糖質・低カロリーのおやつを間食としいて食べるのがおすすめです。ただしむやみに口に入れないこと。間食を食べる時間は食後2時間に固定するとよいでしょう。

 

 

1日5食ダイエットの場合は?

1日5食摂ることで、血糖値を安定させて減量を狙うダイエット方法があります。この場合は3~4時間間隔で食事を摂るようにするとよいでしょう。
「6時・10時・14時・17時」そして最後に19時に軽くおやつを食べます。

 

 

むやみな食事量制限に注意!

食事を抜く、回数を減らす、量を減らすというのは、実は肥満解消に効果があるわけではありません。ダイエットしはじめは効果があるのですが、身体がその食事量に慣れるとどんどん痩せづらくなってきます。
モデル体型やアスリート体型など目標が高ければ、食べないより3食きちんと摂取するようにしたほうがよいのです。
ダイエットしているのに痩せないという人は、「食べない」よりは「何を食べるか」という観点に頭を切り替えてみてはいかがでしょうか。