電子レンジで温めたり、オーブンなどで焼いた梅干しを食べるとダイエットできるって知ってますか?
梅干しを食べるだけで本当に痩せられるの?という声が聞こえてきそうですが・・・温めることで、梅干しの中のある成分の量が上がって脂肪燃焼につながるのです。

また、梅干しにはクエン酸がたくさん含まれているので、血流促進で疲労回復や代謝アップの効果もあります。

今回は、ホット梅干しのダイエット効果についてお話しします。

梅干しのバリニンが脂肪燃焼に効果!

梅干しに含まれるバリニンという成分には、脂肪燃焼を促す効果があります。
クエン酸を含む食べ物には、梅干しの他に、酢やレモンなどもありますが、バリニンは梅干しにしか含まれていないのです。

実は、脂肪細胞の数は生まれた時にすでに決まっているので減らすことはできません。
しかし、脂肪細胞を小さくすることでダイエットはできます。

つまり、梅干しに含まれるバリニンは脂肪細胞を小さくする効果があり、それによってダイエット効果が得られるのですね。

温めると増加する梅干しのバリニン

なんと、驚いたことに梅干しを電子レンジで1分温めただけでバリニンが2割も増加します。
電子レンジで1分温めた梅干しを、1日に3個食べるだけでバリニンアップで脂肪燃焼率が上がるので、かなりダイエット効果が期待できますよ!

小皿に梅干しを3個入れて、ラップをかけてから電子レンジで1分温めて、そのまま食べるだけでOKです。

オーブンで焼いた梅干しでもバリニンアップでダイエットに

梅干しは、電子レンジで温める以外に焼くという方法もあります。
どちらの場合も梅干しを熱しているので、バリニンが増加するのは変わりありません。

焼き梅干しを作る場合は、くしゃくしゃにしてから伸ばしたアルミホイルを二枚用意して重ねたら、その上に梅干しを3個置いてオーブンで20分程度焼くだけです。

一度焼いてから保存して置いても大丈夫なので、一度にたくさん焼いて保存しておくと便利かもしれませんね。

電子レンジで温めた梅干しよりもパリッとしてて香ばしさもあるので、そのままおにぎりに入れるのもオススメです。

まとめ

食事制限などしなくても、熱を通した梅干しを1日に3個食べるだけで、本当にダイエットできると有名人の間でもテレビでも話題です。
クエン酸もしっかり摂れるので、夏バテ解消にもなって健康に痩せられるのが嬉しいですね。

何よりも、熱を通して食べるだけなのが手軽なので忙しくても続けられると思います。