カフェのように食事をワンプレートに盛りつけよう

 

 

カェ飯のように食事をワンプレートに盛りつけてみませんか。ワンプレートに盛りつけてみると、配色良く盛りつけるために自然に栄養バランス良く食べることができます。
また、お皿を1つでまとめるために必然的に食べる量も少なくなり、健康的にダイエットすることが可能です。

 

食欲をコントロールするのはなかなか大変ですが、ワンプレートに盛りつけると何を食べるのかを一目でわかるので栄養コントロールもしやすく、食事作りも楽しむことができます。
このワンプレートダイエット、無理なく続けられるので、まずは始めてみませんか?

ワンプレートダイエットのコツ

 

ワンプレートダイエットに、初めてトライする方は、仕切りのついたお皿を用意すると始めやすいと思います。最近は、100円ショップにもオシャレな仕切りのついたお皿が売っているので気に入ったものを探すのも楽しいでしょう。

 

一つのお皿に、主食とおかずと盛りつけていきます。彩りよく配色を考えましょう。赤、黄、緑、白、黒といった5色の色を入れて盛りつけるのが理想的です。

 

お皿はあまり大きなものを使わないようにしてください。余白を少なめにし(30%程度がきれいな盛り付けだと言われている)、カフェ飯のテクニックである高さを出した盛りつけにするとグッとオシャレになります。

 

 

ワンプレートダイエットで守ること

ワンプレートダイエットを成功させるためには、お皿に盛り付けたもの以外は食べないようにすることが大切です。お皿に盛りつけたもの以外を食べてしまえば、ワンプレートダイエットの意味がないので注意してください。

 

ご飯などの炭水化物もお皿に載せますが、なるべく少なめに盛りつけることがダイエットを成功させるコツです。その代わりに彩りよい野菜を多く載せるようにしてください。

 

食べる時は、まず、きれいに盛りつけたワンプレートを目で楽しみましょう。満腹中枢は、食事を始めてから約20分後に働きだすと言われていますので、20分は食事をするつもりでゆっくりと噛んで食事を楽しむようにしてください。

 

 

最低30回噛むようにすると、だんだんとセロトニンというホルモンが出てきます。セロトニンは満腹感を感じ、安心感を生み出すホルモンで、このセロトニンを得るために無意識にやけ食いをする人もいるのではないかと言われています。このセロトニン、たっぷりと出すことを意識しながら食事をすると効果的にダイエットすることができます。

 

 

まとめ

 

ワンプレートダイエットは、オシャレな女子にピッタリのダイエット方法です。カフェ飯のようにオシャレに可愛らしく工夫しながら盛りつけてみましょう。ワンプレートに盛りつけた食事の写真を撮り、SNSにアップするとやる気もアップするのではないでしょうか。