ダイエット中だからこそ、甘いものが欲しくなりますよね。
そんな時にオススメしたいのがバナナアイスです。

え?アイス?太っちゃうんじゃないの?という声が聞こえてきそうですが・・・バナナ一本のみで作るアイスなので、食べ過ぎない限りは、絶対に太りませんよ!

バナナには、もともと糖分が含まれているので砂糖いらずで低カロリーの立派なおやつになります。

今回は、ダイエット中におすすめなバナナアイスの作り方やバナナの効果についてお話します。

バナナの健康効果とは?

朝バナナダイエットでも有名なバナナには、ダイエットにつながる健康効果があります。

バナナには、ビタミンやミネラル、糖分、食物繊維が含まれています。
ビタミンは葉酸やビタミンB群、C、Eなど、ミネラルは、カリウムや鉄、マグネシウム、カロチンなどです。

それらの栄養素によって、次のような健康効果が得られます。

血圧を安定させる

バナナには、ナトリウムもカリウムも含まれているので、相乗効果により高くなりがちな血圧の上昇を抑えて、高血圧を防いでくれます。

ストレスを緩和させる

バナナには、トリプトファンというタンパク質の一種が含まれています。
トリプトファンは、脳内の幸せ物質とも言われるセロトニンを増やして幸福感をもたらしてくれます。
それによりストレスが緩和されます。

便秘解消に役立つ

バナナには、ペクチンという水溶性の食物繊維が含まれています。
ペクチンは、消化をスムーズにするだけではなく、体内の老廃物や毒素を排出するサポートもしてくれるので、結果、痩せやすい体質になります。

バナナアイスの作り方

バナナアイスの作り方はこんな感じです。

1. バナナ一本を輪切りにして、少しつぶしておきます。

2. 1のバナナをタッパーに入れて冷凍します。

3. 冷凍したバナナをフードプロセッサーで細かく砕きます。

4. 器に盛り付けて出来上がりです。

紅茶を加えて簡単アレンジ!

さらに紅茶を加えると、香り高い高級なおやつに大変身しますよ!

1. 完熟させたバナナを輪切りにして少しつぶしてからタッパーに入れたら、冷凍庫で冷凍させます。

2. 紅茶の茶葉をフードプロセッサーにかけて細かくします。

3. 1のバナナとひとつまみの塩を加えてクリーム状に練ってから、2の紅茶を加えたら出来上がりです。

まとめ

バナナだけを使うアイスなので、カロリーや糖質オーバーで太る心配はありません。
しかも、ストレスなども緩和してくれるので、かなりおすすめです。