無理なダイエットを行っていませんか

 

だんだんと暑くなってきましたね。夏休みが近づくにつれてダイエットにも力が入ってくる頃だと思います。まだまだ自分の思い描いている体型になっていないからといってあせって無理なダイエットを行っていませんか。

 

急激なダイエットは、美しさだけではなく健康まで阻害する可能性もあります。今回は、無理なダイエットで起こる弊害について考えてみましょう。

 

 

食べる量を減らすダイエットで起こる弊害

 

体重を減らすには、食事制限が一番手早いとばかりに極端な食事制限を行ってしまう方もいるかもしれません。急激な食事制限には、様々な危険性が潜んでいます。人間の体は植物のように光合成ができるわけではありません。適切な栄養素を必要量取らないと健康に影響を及ぼしてしまいます。身体が健康でないと例え理想的な体重でも肌のツヤ、髪の美しさが損なわれてしまいます。

 

極端な食事制限は生理を止まらせ、拒食症といった摂食障害を引き起こす危険性があります。また、摂食障害となってしまうと精神的にも大きなダメージを受けることがあります。摂食障害まで行かなくても、極端な栄養不足は骨粗しょう症や睡眠障害、免疫力の低下を引き起こし、感染症にもかかりやすくなってしまいます。

 

 

急激に痩せると皮膚のたるみが出てくる

 

急激に体重を減らしてしまうと痩せた部分の皮膚が余分に垂れてしまいたるみます。お腹周りやお尻は服で隠せばよいと思われるかもしれませんが、急激な体重の減少は、顔の脂肪も落としてしまうので顔の皮膚もたるむこととなり、ほうれい線がきつくでてしまうことになります。

 

 

急激なダイエットで髪が薄くなる

 

急激なダイエットは、人間の身体に危機感を感じさせます。そのため生命維持に必要な栄養素を生きていくために重要な内臓に優先的に回すようにします。髪の毛といった優先順位が低いものには、栄養素が届きにくくなってしまいます。その結果、薄毛になってしまったり髪が細くなる、ツヤがなくなるという影響が出てくるようになります。

 

 

食事制限ダイエットは口臭がきつくなりやすい

 

食事制限ダイエットを行っていると空腹状態が続き唾液の分泌低下を招きます。唾液が十分に分泌していないと口臭がきつい原因となります。またただ唾液が出ていれば良いというものではなく、水分量が少ない粘ついた唾液は口臭が強くさせると考えられています。

 

 

ダイエットの目的を考えてみましょう

 

多くの人にとってダイエットの目的は美しくなることではないでしょうか。たとえ理想の体重を手に入れられたとしても、美しさが半減してしまうようでは何のためのダイエットなのかわかりません。ダイエットを成功させるには食事制限も時には必要なことですが、身体に必要な栄養素は欠かさずにとるようにしてください。