1ヶ月程度のサイクルで見てみると、女性の場合はホルモンの関係で痩せやすい時期と痩せにくい時期があります。

そこには、生理周期を基準として女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが入れ替わるサイクルが関係しています。

そのサイクルをつかめば、もっとスムーズにダイエットできるようになるので、女性には是非、ダイエットのためにもホルモン周期を知っていただきたいです。

今回は、女性ホルモンとダイエットの関係性と痩せやすいタイミングについてお話しします。

女性ホルモンとダイエットの関係

女性ホルモンのサイクルによって、ダイエットの成功率が変わると言っても過言ではありません。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、約1ヶ月の間に生理周期を基準にして交代しながら働いています。

つまり、エストロゲンが優位になっている時期とプロゲステロンが優位になっている時期があるのですね。

それによって、痩せやすい、痩せにくいが違ってくるので、例えば、短期ダイエットを実践する時に始めるタイミングを間違えると、あまり成果が出ずに終わる場合が多いです。

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロン

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのそれぞれの働きについて見ていきましょう。

エストロゲン

エストロゲンは卵胞ホルモンと言われる女性ホルモンで、卵巣や子宮の発達を促す働きを持っています。

そして、女性らしい体を保つために代謝を上げる働きを持っているので美肌やダイエットの味方をしてくれます。

プロゲステロン

プロゲステロンは、黄体ホルモンと言われる女性ホルモンで妊娠しやすくするために働く女性ホルモンです。

主には、子宮内膜や子宮筋の働きを活発にしたり乳腺を発達させたりします。

プロゲステロンが優位になると、妊娠のために水分や脂肪を溜め込むモードになるので太りやすくなります。

また、精神的にもイライラしたりなど不安定になります。

生理周期に合わせたダイエット方法を

女性ホルモンのエストロゲンが優位になっている時期は、代謝も良く、精神状態も安定しているので痩せやすいです。

エストロゲンが優位になっている時にダイエットを実践するためにも、生理周期に合わせてエストロゲンとプロゲステロンがどのタイミングで入れ替わっているかを知っておきましょう。

エストロゲンが多い時期

エストロゲンが優位になるのは、生理終了から次の生理予定日の2週間前くらいの排卵期までです。
排卵期のタイミングには個人差がありますが、基礎体温が低い時期がエストロゲンが優位になっている時期です。

プロゲステロンが多い時期

プロゲステロンが優位になるのは、生理予定日の2週間ほど前からです。
これは排卵期に当たる時期で、基礎体温が高くなるという特徴があります。

まとめ

ダイエットはエストロゲンが優位になっている生理後から排卵期までに力を入れると成功しやすいです。
基礎体温を計りながら痩せやすいタイミングを見つけて効率よくダイエットをしましょう。