日焼け対策には、何を食べるべき?

暑い日々が続いていますね。女性にとって夏はバカンスの季節である反面、日焼け対策に気を配らないといけない季節です。

 

 

日焼け止め対策をしっかりとしていても、うっかりと日焼けしてしまうこともあると思います。日焼け対策には、日焼け止めだけではなく、食べ物にも注意しなくてはいけないということを知っていましたか?

 

 

食べていると日焼けがひどくなってしまったり、反対に日焼けした肌を早めに回復させてくれる食べ物があるんです。今回は、そんな日焼け対策に気をつけたい食べ物について説明していきたいと思います。

 

ソラレンは光に反応して色素沈着を起こしてしまう!

 

「ソラレン」という成分を知っていますか?柑橘類や野菜の一部に含まれている成分です。この「ソラレン」という物質は、光エネルギーを蓄積するという作用があり、肌にシミやかゆみなどの色素沈着を起こしやすい物質です。この「ソラレン」を塗布して「尋常性白班」という白斑にUVを照射し、わざと色素沈着を起こす治療があるほどの強力なものです。

 

ソラレンが起こす作用は、光毒性(光感作用)とも呼ばれており、紫外線リスクを高めるため、注意しなくてはなりません。ソラレンは、レモンやオレンジ、グレープフルーツといった柑橘系やきゅうり、ブロッコリー、パセリやシソといった身近な野菜に含まれています。

 

それでは、ソラレンが含まれているものは食べてはいけないのかというと、そうではなく、食べる時間に気をつけて摂取すれば大丈夫です。ソラレンは摂取してから数時間ほどで皮膚表面まで行き渡りますので、朝食にソラレンを含む食べ物を食べないように注意しましょう。

 

 

日焼けケアに向く食べ物は何?効果の高い食べ方は?

 

 

日焼け対策として一番おすすめなのは、「イチゴ」です。イチゴには、メラニンの生成を抑えてくれると言われているビタミンCが豊富に含まれています。イチゴは生で食べることができますので、熱に弱いビタミンCを効率的に摂取することができます。

 

日焼けする前に予防的にイチゴを食べると日焼けをある程度防御することができるので、日焼け後にケアするよりも効果が高いと言われています。さらに吸収力をアップさせるために、食後にイチゴを食べるようにすると、効率的に体に吸収させることができます。

 

また、肌の新陳代謝を活発にするために、肉や魚、大豆などのタンパク質を積極的に食べ、ターンオーバーを促進させましょう。シミなどの肌トラブルの悩みを解消するには、ターンオーバーを正常にさせることが最も大切と言われています。そのため、美肌の元となる良質のタンパク質は不可欠だと言うことを忘れないようにしてください。