世界無形文化遺産にも登録されている地中海料理

和食の世界無形文化遺産登録が一時期話題になりました。その他無形文化遺産として登録されている伝統料理には、「フランスの美食文化」「メキシコの伝統料理」「トルコのケシケキ」などがあります。その中でも「地中海料理」はダイエットに効果的だと海外でも評判です。

地中海とは北と東をユーラシア大陸、南をアフリカ大陸に囲まれた地中海盆地に位置する海のことです。地中海料理は、その地方の料理を指します。

そもそも健康食やダイエット食でこの地方の料理が注目されるようになったのは、アメリカのミネソタ大学アンセル・キール博士らの「世界の国々の食文化の違いと虚血性心疾患の疫学研究」がきっかけです。この研究により、アメリカや北欧に比べて地中海沿岸諸国では成人病の発症率死亡率が低いということが明らかになりました。

摂取の目安になる食品バランス

キース博士による研究をもとに作られた地中海食の食品バランスは、9層の食物グループに分けられています。
一見日本の健康的な食事とあまり変わりありません。肉類の摂取はわずかに抑え、主食となる穀物をしっかりとり、野菜類や新鮮な魚介類を中心の食生活です。
ただし和食と違い地方特産のオリーブオイルやチーズなどの乳製品も積極的に摂取する食材として扱われています。
またダイエットの天敵でもあるお菓子や揚げ物も地中海式ダイエットでは解禁しており、アルコールも毎日1~2杯ほど飲んでも問題ありません。

それぞれの食材は「毎日」「週に数回」「月に数回」と珍度によって構成されています。
下にいくにつれて、摂取量を少なくする必要があります。

 

毎日の接種

パン・パスタ・米などの主食
果実・豆類・野菜
オリーブオイル
チーズ・ヨーグルト

週に数回の摂取


鶏肉

甘味

月に数回の摂取

赤身の肉

オリーブオイルはダイエットに効果的

油はダイエットの天敵だと思われがちですが、オリーブオイルは別です。
オリーブオイルは一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸を含み、悪玉コレステロールを除法、過酸化物質の生成を抑制する作用があります。

毎日の運動をかかさずに

忘れてならないのが、地中海式ダイエットのベースには毎日体を動かすということです。
ただし激しい運動をする必要はありません。いつもの通勤や仕事などに運動を取り入れる程度でかまいません。

健康的な地中海食

ワインを飲みながらゆっくり時間をかけバランスよく食事ができる地中海食はいわゆるスローフードです。 つまり減量だけではなく、健康にも注目した食事なのです。
健康的な肉体づくりには、地中海式ダイエットはおすすめです。

じゃあ、どこから手をつければいいの?

ただし今日からいきなり地中海式ダイエットを始めようと思ってもをどこから手をつけてよいのか分かりません。

①まず始めていただきたいのは一週間自分がどんなものを食べているのか。大雑把でも構いませんので紙に書き出すようにしましょう

②続いて自分の生活に何が足りないのか考えてみましょう

③足りないものを取り入れる際、何が邪魔をするのか考えてみましょう

④邪魔するものはどうやったら取り除けるのか考えてみましょう

⑤実行しうまくいかなければ方法を変えてみるようにしましょう

この方法は、他のダイエット食を取り入れたい場合にも効果的です。

必ずしも地中海食がダイエットに相応しいわけではない

お肉が食べたい人もいるでしょうし、オリーブオイルが嫌いな人もいるでしょう。ダイエット方法は何も地中海式ダイエット1つだけではありません。

スローフードという観点から言うと伝統的な日本の和食もダイエットには効果的です。その他食生活に関するダイエットには、レインボーダイエットなどもあります。お肉を中心に食べるタンパク質ダイエットもあります。
自分に合った健康的な食事を目指しましょう。