炭水化物とどう付き合えばいいの?


現在ダイエット界では空前の炭水化物抜きダイエットブームが起きています。しかし、それと同じようにアンチ炭水化物抜きダイエットも数多くいます。はたして炭水化物は食べるべきなのでしょうか、食べないべきなのでしょうか。今回は両者の意見をまとめてみました。

炭水化物は食べないべき!

 

炭水化物は太る!

私たちが日常的に摂取している炭水化物のほとんどは高GI値食品です。そして高GI値の食品は太りやすいです。

 

GI値とは血液中の糖の値であり、高GI値食品とは食べてから血糖値が急激に上がる食品のことを指します。血糖値が上がりすぎてしまうと、脳は血糖値を下げようと身体に指令をだします。指令を受けた身体は上がりすぎた血糖値を脂肪に変え、血液のなかの血糖値を少なくします。

 

たんぱく質・脂質に比べて高GI値食品の多い炭水化物をぬけば太る原因をなくせる、これが炭水化物ダイエットの基本的考えです。

 

 

脳の栄養は肝臓から補給する

「わざわざ経口摂取に執着しなくても、体内で糖を作ってしまえばいい」というのが炭水化物否定はの意見です。
脳を動かす唯一の栄養が、炭水化物から作られる「ブドウ糖」です。「脳へ栄養を行きわたらせるため炭水化物を食べるべき」というのが、炭水化物肯定派の意見です。しかし糖を長時間摂取しない状態が続くと、「糖新生」といって肝臓から糖を作ることができます。人類は糖を食べなくても、脳に栄養をあたえることができます。

 

 

炭水化物は食べるべき!

 

脳の栄養が足りずやせにくい身体へ!

糖が足りないと、身体は筋肉を消費し糖を作ろうとします。肝臓から作れなくなると今度は体が筋肉を分解し糖を作ろうとします。筋肉が少なくなれば基礎代謝が低下し、痩せにくい体へと変化します。筋肉からも作れなくなれば脳は動かなくなり、集中力や判断力が低下していきます。

 

便秘になりやすい!

炭水化物抜きダイエットは、便秘になりやすいです。炭水化物はおもに繊維質と糖質できており、貴重な植物繊維の供給源です。ご飯は水分も多く含んでおり、便を柔らかくする効果があります。炭水化物抜きのダイエットは、食事の切り替えに腸が対応しきれず便秘になりやすいです。

 

炭水化物抜きダイエットに感じるデジャヴ

過去、ダイエットで肉を食べないことが定番でした。しかし現在は肉を積極的に摂ることがすすめられています。炭水化物抜きダイエットでも、肉を食べることが推奨されています。肉を食べれば糖に変えられるアミノ酸を多く摂取できるからです。

 

現在は肉ではなく炭水化物が目の敵にされています。しかし元来炭水化物はたんぱく質・脂質と並んで大切にされている栄養素です。肉のように、ダイエットで重要視される時代がくる可能性が十分高いです。

 

 

極端なダイエットはいけない

ダイエット本などを読んでみると、炭水化物すべてを抜くようにおすすめしている本はごく小数です。炭水化物抜きダイエットのほとんどは、炭水化物を減らしたり低GI値の食品を摂るようにすすめています。

 

また炭水化物を推奨している医師や本も、炭水化物の食べ過ぎをすすめている医師は1人もいません。「結局はバランスの良い食事を心がけ、太らない程度の量の炭水化物は食べるべき」という意見に落ち着くのでしょう。

 

炭水化物抜きダイエットは減らせば減らすほど、面白いぐらいに体重が減っていくダイエット方法です。それゆえに加減を無視し極端なダイエットに走らないよう、私たちには注意が必要です。