極端な糖質ダイエットが脂肪肝を招く

 

近ごろ流行りの糖質制限ダイエット、体重を落とすにはとても効果的だと言われています。炭水化物などの糖質の摂取量を減らすだけで糖質がないものであれば、食べることに制限がありませんから、空腹感を感じることが少なく、成功しやすいダイエット方だと考えられています。

 

しかし、極端な糖質制限ダイエットは、体に必要な栄養素を欠くこととなり、実際に脂肪肝になってしまうという例が増えていることがわかっています。

 

糖質制限ダイエットがなぜ脂肪肝の原因になってしまうのか、脂肪肝にならないためにはどうしたらよいのか紹介していきましょう。

 

脂肪肝とは

 

脂肪肝とは、中性脂肪が過度に肝臓に溜まってしまう病気です。一般的には、アルコールを飲み過ぎる人や食べ過ぎ、運動不足の人がなりやすいと言われています。

 

食事でとった糖質や脂肪が、消化器官から肝臓へと送られ中性脂肪に変わります。運動や代謝で必要なエネルギーは使われますが、運動不足やカロリーオーバーで余った中性脂肪は肝臓に蓄えられて脂肪肝となってしまいます。

 

沈黙の臓器と呼ばれる肝臓ですので、脂肪肝になっても特に症状が現れるわけではありませんが、そのまま脂肪肝が進行すると肝硬変や肝臓がんといった怖ろしい病気になることがあります。

 

 

なぜ糖質制限が脂肪肝を招いてしまうのか

 

食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎが原因で引き起こされることの多い脂肪肝ですが、なぜ糖質制限をすると脂肪肝になってしまうのでしょうか。

 

肝臓に蓄積された中性脂肪は、タンパク質がないとエネルギーにすることができません。そのため、タンパク質不足になると脂肪は肝臓に溜まってしまいます。

 

タンパク質不足は糖質制限ダイエットと関係があまりないように思われるかもしれませんが、極端な糖質制限ダイエットを行うとエネルギーの元になる糖質が不足して体は筋肉に含まれるタンパク質を糖質に変えてしまいます。そのため、糖質制限ダイエットは、タンパク質不足を招くことになり脂肪肝となってしまうのです。

 

脂肪肝を防ぐためには

 

せっかくダイエットで体重が落とせたとしても、病気になってしまっては本末転倒です。糖質制限ダイエットを行うならば、極端な糖質制限ダイエットにならないように注意してください。

 

糖質制限はほどほどに

ご飯やパンなどの糖質を全く食べないといった極端な糖質制限をしないようにしましょう。減らすならば通常食べている量の半分程度にするようにしてください。また、炭水化物を食べる前に野菜などの食物繊維が多いものを食べることが効果的です。

 

タンパク質をしっかりとる

栄養バランスを考えて食事をすることが大切ですが、特にタンパク質を十分に摂取するようにしてください。

低カロリーで良質なタンパク質である大豆製品やビタミン類を多く含む鶏のささ身や牛、豚肉の赤身などがおすすめです。

 

まとめ

 

いかがでしたか。ダイエットにをしているのにかえって脂肪肝になってしまうとは驚きですね。

 

ダイエットすることでかえって不健康にならないように、栄養バランスを考えた食事をしながら美しくダイエットしていきましょう。