夏になると露出の機会が増えるので、短期集中ダイエットにチャレンジする人が多いのでは?
例えば、ビキニを着るために1週間で3kg痩せたい!という時は置き換えダイエットが最適です。

置き換えダイエットに使う食材はたくさんありますね。
ここでは、置き換えダイエットで人気な食材を5つご紹介します。

バナナ

朝バナナダイエットで脚光を浴びたバナナは、ビタミンB群を多く含むことから置き換えダイエットに最適な食材として知られています。

ビタミンB群は、食事で摂取した脂質や糖質をエネルギーへの代謝を促すので脂肪を溜め込みにくい体質になります。
また、食物繊維がたくさん含まれているので満腹感もあり便秘解消で老廃物もスムーズに排出されます。
バナナ1本につき80〜100kcalなので低カロリーなので安心して食べられます。

キャベツ

ビタミンCや食物繊維がたっぷり含まれたキャベツも置き換えダイエットに最適な食材です。
ビタミンCは熱に弱いので、できるだけキャベツは生で食べた方が効果が高いです。

キャベツはかなり食べても低カロリーなので、置き換えダイエット以外にはカサ増しダイエットにもおすすめな食材です。

りんご

りんごの置き換えダイエットも有名ですね。
りんごには、セルロースという不溶性食物繊維が含まれており便秘解消に役立ちます。
さらに、カリウムも含んでいるので体内の余分な水分を排出してむくみなどを防止してくれます。
噛み応えがあるので、ゆっくり噛んで食べれば満腹感もありますよ!

こんにゃく

こんにゃくには水溶性の食物繊維がたくさん含まれています。
水溶性の食物繊維は水を含むと膨張するので、満腹感があるため置き換えダイエットの食材に適しています。

カロリーも低く便秘解消の効果も期待できるので、老廃物もスッキリ排出して痩せやすい体質にしてくれます。

豆腐

豆腐は植物性のタンパク質をたくさん含んだ満腹度も満点な食材です。
さらに、女性に必要な大豆イソフラボンも含まれているので、痩せ女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きにより、痩せやすい体質へと導いてくれます。

無理な食事制限をすると、タンパク質不足に陥りやすいです。
タンパク質は筋肉の原料でもありますから、不足すると筋肉量が減って代謝が下がり痩せにくくなります。
置き換えダイエットにタンパク質が多い豆腐を取り入れると、筋肉量が減りすぎる心配がありません。

まとめ

いかがでしたか?
置き換えダイエットの食材の特徴を掴み、ローテーションさせるなどして効率よく痩せられるようにプログラムを組みましょう。
1日のうち1食〜2食を置き換える無理のないダイエット方法なら美しく痩せられるはずです。