テレビのダイエット特集で放送されたこともあり、最近また話題になっているのが腸内フローラダイエットです。

腸内フローラダイエットには、いくつかの方法がありますが、今回はテレビでも取り上げられていたヨーグルトを使った方法をご紹介します。
ヨーグルトといっても冷たいヨーグルトではありません。
ヨーグルトを温めることでさらに腸内フローラダイエットの成功率が上がります。

それでは、ホットヨーグルトを使った腸内フローラダイエットの方法をご紹介します!

腸内フローラとは?

腸内フローラとは、私たちの腸の中で生きている数百種類以上の合計で600兆個以上もある細菌です。
細菌をなぜ、フローラ=お花畑というような言い方をするのか?
それは、顕微鏡で腸内を覗くと細菌たちが腸の壁に生息してお花畑の花のように揺れているからなのです。

腸内フローラの種類は大きく分けると「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類あり、割合的には「善玉2:悪玉1:日和見7」であれば腸内環境が良好な状態です。
この割合は、ストレスや加齢、生活習慣や食生活の乱れなどで崩れやすく、腸内環境が悪くなり色んな体調不良が起こるのです。

腸内フローラとダイエットの関係

腸内フローラとダイエットには繋がりがあります。
腸内環境が整うと痩せやすくなることから、腸内フローラの割合を整えることがダイエットに繋がると考えられているのです。

腸内フローラの状態が悪いと、消化がうまくいかなくなり便秘をしたり、血流ダウンで代謝も下がります。
すると、脂肪を溜め込みやすい体質になり太ってしまうのです。

頑張って食事制限しても痩せないのは、腸内フローラが乱れているせいなのかもしれません。
特に、便秘気味の人は要注意ですね。
腸内フローラを「善玉2:悪玉1:日和見7」の理想的な割合にすれば、消化がスムーズになり痩せやすくなるのでダイエットも成功しやすくなります。

ホットヨーグルトで腸内フローラダイエット!

腸内フローラダイエットで活用したいのがホットヨーグルトです。
冷たいヨーグルトでもいいのですが、ダイエット効果を上げるためにはホットなヨーグルトがオススメです。

腸内フローラの状態が悪い人は善玉菌が少ない傾向にあります。
善玉菌を増やす効果があるのはヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌ですが、乳酸菌は冷えていると働きが悪くなるのです。
理想的な温度は38〜40℃なので、少し温めて食べた方が善玉菌を増やす効果もアップするのですね。

方法は簡単です。
ヨーグルトを耐熱容器に入れて電子レンジで40秒ほど加熱して食べるだけ!
1日に150〜200gのホットヨーグルトを食べれば効果的に善玉菌を増やして痩せ体質に変換していけます。

まとめ

いかがでしたか?
ヨーグルトを食べても便秘が治らない人は一度、ホットヨーグルトにチャレンジしてみてくださいね。
ヨーグルトはできれば無糖で、無糖が辛ければオリゴ糖やはちみつを代用して、腸内フローラダイエットを成功させましょう!