間食は我慢するより手作りお菓子を食べたほうがいい!


間食を無理に我慢するよりも、栄養満点の食べていいおやつを食べたほうが健康によいです。だからといって手間がかかる低カロリー料理を作るのも面倒。そんな方のために今回は、手間なく作れるヘルシーおやつをご紹介します。

 

小腹がすいたときなどさっと作って食べれるのでおすすめです。

 

 

オーブンで簡単ドライフルーツ


薄く切ったフルーツを鉄板に重ならないように並べ、余熱無しの120度のオーブンで60分程度焼くだけでドライフルーツを作ることができます。甘さが欲しいときなどカロリー0の甘味料を使用すれば、低カロリーで甘いおやつを作ることができます。
生のフルーツだけではなく、缶詰のフルーツでもドライフルーツを作れます。

 

 

電子レンジでもドライフルーツを作ることが可能です。薄く切ったフルーツをキッチンペーパーを敷いた耐熱皿に並べ5分ずつ電子レンジで温めれば、水分を簡単に飛ばすことができます。オーブンと比べて、熱の伝わり方にくせがあるため、慣れないうちは1分ずつ水分を飛ばしましょう。

 

 

オーブンで作る場合も、電子レンジで作る場合も、キッチンペーパーで水分をしっかりととってあげましょう。

 

 

オーブンでヘルシーポテトチップス

キッチンペーパーで薄く切ったじゃがいもの水分をとります。鉄板に重ならないように並べ、余熱無しの200度のオーブンで5分。裏返してさらに5分焼けば完成です。塩だけでも十分おいしいですが、「青のり+塩」や「粉コンソメ+粉チーズ」などの組み合わせでもおいしいです。

 

 

噛めば噛むほど味が出るダイエット効果ありの干しえのき

果物やジャガイモを薄切りするのが面倒という人は、ほぐすだけでできる干しえのきをご紹介します。
石づきをとったえのきをほぐし、重ならないように鉄板に並べます。余熱なしの100度のオーブンで水分を飛ばします。塩や胡椒で味付けをしたい場合は、オーブンに入れる前に振り返るとよいでしょう。

 

 

安価で買えるえのきで作れる簡単おやつです。そのままするめのように食べても良いですし、食材として料理に混ぜることもできます。えのきに含まれる「エノキタケリノール酸」には脂肪燃焼の効果があります。乾燥させれば「エノキタケリノール酸」はさらに摂取しやすくなります。

 

 

電子レンジでマグカッププリン

卵1個・牛乳1カップ以下・砂糖大さじ5以下を混ぜ作ったプリン液をマグカップに入れて、600Wの電子レンジで2分半温めれば完成。先に水と砂糖(1:1)を電子レンジで温めればカラメルを作ることもできます。ポイントは舌触りをよくするため、プリン液をこすことです。夜食に何か食べたいとき、自宅で小腹がすいたときなどおすすめのお菓子です。

 

 

たまごだけで作れるヘルシーアイス


たまごを卵黄と卵白にわけます。卵白に砂糖をまぜて、メレンゲ上になるまで泡立てます。卵白とは別に卵黄も泡立てます。泡立てた卵黄に、卵白を2・3回に分けて混ぜます。泡立てた卵液をタッパーに入れて冷やしたら完成です。

 

 

ポイントは卵黄が分離し沈まないように、冷えて固まるまで何度か取り出し混ぜることです。チョコレートやバナナなど混ぜて、様々なフレーバーアイスを楽しむことができます。