秋におすすめのダイエット食材は?

夏はダイエットに適した枝豆やスイカなどの食べ物の旬ですが、秋にはダイエットに向いている食材はあるのでしょうか。
ずばりダイエットに食べてもらいたいのは「キノコ類」です。一年中スーパーで手に入りやすい食材ですが、 秋が旬。旬のものは他の季節に比べて栄養価が豊富で美味しく値段も安いので、ぜひ季節ごとの旬のものをダイエットに取り入れていただきたいです。

 

 

キノコがダイエットに向いている理由

①低カロリー

キノコは低カロリーです。パック一袋食べたとしても20kcal程度しかありません。ご飯一杯約100~200kcalと比べると、その差がはっきりと分かります。

食物繊維が豊富

食物繊維も豊富で便秘解消に効果があります。

脂肪吸収を抑える

きのこに含まれるキノコキトサンがダイエットに効果的です。キトサンには食事中の脂肪吸収を阻止する効果が期待できます。またキノコキトサンには脂肪を燃焼させる効果があるのでは!?と 最近の研究ではわかっています。しかしどこにどのように効果があるのかまではまだわかっておりません。

200年前フランスで発見されたキノコキトサン。抽出する技術が追いつかず未だに謎が多い物質です。

 

 

キノコダイエットの方法

きのこダイエットは、毎日の食事にキノコを付け足すだけのダイエット方法です。スーパーで売っているキノコを使って構いません。
食べるのであれば食事の中で一番カロリーが多くなってしまう夜がおすすめ。先にキノコを食べておけばその後の食事の脂肪吸収を阻止してくれます。

摂取量としては1日100~150g。だいたいパック半分~1袋摂取です。スーパーで販売されているキノコは菌床栽培が当たり前ですから、洗う必要もありません。水に溶けるキノコキトサンを逃さないために、洗わずそのまま料理しましょう。

 

 

そのまま冷凍できる!

キノコの嬉しいところはそのまま冷凍して保存できるところ。料理の際は、凍ったままフライパンやお鍋に入れて 使いましょう。

 

 

期待する効果によってキノコを食べ分ける

キノコによって期待できる美容効果が違います。

 

美肌を目指す方は舞茸

肌を作るビタミン B2・トレハロース・βグルカン、 メラニン色素を抑えるチロシナーゼ阻害物質が含まれています。

便秘やむくみが気になる方はエリンギ

エリンギに含まれるカリウムはむくみの原因である塩分と水分を体外に排出してくれる効果があります。また食物繊維もキノコ類の中ではトッププラスで豊富です。

疲れが溜まっている・睡眠不足な方にはえのきだけ

疲労回復に効果がある B1が多く含まれています。またギャバというストレス軽減のアミノ酸と、同じくストレスを和らげるパントテン酸が含まれています。

二日酔い・肌トラブルに悩んでいる方にはぶなしめじ

二日酔いにしじみの味噌汁が効果的なのは有名ですが、 ぶなしめじにはしじみの5倍から7倍のオルニチンが含まれています。またオルニチンは肌荒れにも効果があります。

老化防止にはしいたけ

出汁にもよく使われるしいたけ。旨みのもとであるグルタミン酸には脳の老化防止が期待できます。その他ビタミン D・ エルゴステリンなど老化防止に効果がある栄養が含まれています。
他のきのことは違い干して栄養成分が凝縮された干し椎茸もあるので、積極的に摂取していきたい食べ物です。