食事制限でダイエットすると、辛いのが空腹時ですよね。
カロリー制限のために空腹を我慢して過ごさなければいけません。

そのストレスは想像以上に大きいので、ダイエットにまで影響が出てリバウンドのきっかけになることもあります。

そこで登場したのが、空腹を我慢しなくてもいい1日5食ダイエットです。

今回は、1日5食ダイエットの効果や方法についてお話しします。

1日5食ダイエットとは?

1日5食ダイエットとは、その名の通り、1日に5回食べてもOKなダイエット方法です。

1日に3回から5回に食事回数を増やすことで、空腹の我慢から解放されて挫折せずにダイエットを成功させられるというものです。

1日5食も食べてダイエットできる?


1日に3食から5食へと食事回数が増えてるのに、本当にダイエットできるの?と思う人も多いことでしょう。

ここで間違ってはならないのは、食事回数は増えても、1日の摂取カロリーはそのままだということ。

つまり、1日の食事量を単純に小分けして回数を増やすことで、ダイエットのストレスを軽減でき、成功に繋げられるのですね。

1日5食ダイエットは、ゆるやかに効果が出るので慌ててはいけません。
慌てて極端にカロリーを減らすと、たとえ5食であっても空腹になるまでの時間が短く、結局我慢しなければいけなくなってしまいます。

半年間くらいで、少し痩せてきたかな?というくらいのペースで続けると成功しやすいです。
そのような方法で、多くの海外セレブもダイエットに成功しています。

1日5食ダイエットのやり方

1日5食ダイエットのタイムスケジュールは、例えば次のような感じです。

1. 朝の6時に食べる
2. 朝の10時に食べる
3. お昼の2時に食べる
4. 夕方の5時に食べる
5. 夜の7時に食べる

これは、一般的な生活習慣を送っている人にオススメなタイムスケジュールです。
仕事の関係などで、なかなか規則正しい生活を送るのが難しい人もいると思いますので、それぞれの生活サイクルに合わせてタイムスケジュールを決めることです。

ここで大切なのは、絶対に1日の食事摂取カロリーは増やさないことです。
それだけ注意すれば、5食食べても太らずに少しずつサイズダウンできます。

1日5食を習慣にすれば、我慢なくダイエットを続けていけるのでリバウンドも起こりにくいです。

まとめ

食事制限したいけど、空腹が我慢できない、食べるのが大好きだという理由で、ダイエットに挫折してきた人も多いのではないでしょうか?

太る習慣から抜け出すには、食べ方や食事摂取カロリーを見直すことです。
そのためにも1日5食ダイエットがオススメです。