最近、ダイエットオイルで最も注目されているのが、MTCオイルです。
MTCオイルの適量を食事やドリンクに加えるだけで、ダイエット効果があるとしてかなり注目されています。

ここでは、噂のMTCオイルがどんなダイエット効果をもたらすのか?どんな食べ方をすればいいのか?などをご説明します。

MTCオイルとは?

MTCオイルとは、MTCを100%含んだオイルのことで、MTCは中鎖脂肪酸を指します。

実は、中鎖脂肪酸はMTCオイル以外のオイルにも含まれています。

例えば、ココナッツオイルです。
しかし、ココナッツオイルにMTCは60%しか含まれていません。

つまり、MTCオイルはMTCが100%含まれているからMTCオイルという名前なのですね。

MTCオイルのダイエット効果

MTCオイルのダイエット効果は、100%含まれる中鎖脂肪酸の作用により得られます。

中鎖脂肪酸には、コレステロールをたまりにくくしたり、食事から摂取した栄養素をエネルギーに変えたり、中性脂肪を抑える働きがあります。

それらの働きを利用して医療現場でも使われるほど中鎖脂肪酸の3つの作用はすごいのです。

また、アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸を含むケトン体も多く含んでいるので、糖質を抑えてダイエットへと向けてくれます。

MTCオイルの食べ方や使い方


MTCオイルには味も臭いもないので、いろんな料理に使いやすく便利なオイルです。

しかし、炒め物などで使うと煙が出て料理が香ばしくなってしまう可能性が高いので適しません。
MTCオイルの煙が発生すると言われている温度は150度なのでかなり低めです。

ですから、熱でケトン体が機能しなくなるということではなく、煙が発生して料理の味が変わるので、炒め物や揚げ物には使わないことです。

単純に温かい飲み物や食べ物にプラスする食べ方が一番シンプルです。
冷たいヨーグルトやジュース、牛乳、豆乳などに加える人も多いです。

カレーやスープも加えやすいのでオススメです。

まとめ

いかがでしたか?
MTCオイルを加えるだけで痩せ体質になれるので、運動や食事制限が苦手という人に特におすすめです。

ちなみにMTCオイルは、摂りすぎると脂肪になりやすいので気をつけなければいけません。
MTCオイルの摂取量の目安は1日に30gです。
30gは小さじ6杯程度なので、例えば一食に小さじ2杯分を使うなどすれば、わかりやすいでふね。